このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

近畿大学水産研究所 1周年を記念して農学部学生考案の限定メニューが登場!

2014年4月23日

近畿大学(大阪府東大阪市)がグランフロント大阪に出店している養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所 」は、平成26年(2014年)4月26日(土)に開店1周年を迎えます。1周年記念として、農学部食品栄養学科学生考案の限定ランチメニュー「近大 花かご いけす御膳」が登場します。

pic_140423-1.jpg

【1周年記念キャンペーン内容】

● 農学部食品栄養学科学生考案の限定ランチメニュー「近大 花かご いけす御膳」の提供
(1日限定20食、2,200円(税込)、期間:4月26日~5月31日)

● ディナー時限定で、生ビールまたはソフトドリンク一杯無料サービス
(お一人様一杯限り、期間:4月26日~5月6日)

【1周年当日の対応】

1周年当日に、限定メニュー等をご用意し、メディア向け写真撮影会を実施します。
■日 時:平成26年(2014年)4月26日(土)15:00
■場 所:グランフロント大阪北館6階 店舗内
■参加者:1周年記念メニューを開発した農学部食品栄養学科学生代表者4人

【本件の概要】

pic_140423-2.jpg

「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」は、本学が世界で初めて完全養殖に成功した近大マグロを始め、半世紀以上にわたり近畿大学水産研究所 (和歌山県西牟婁郡白浜町)で研究育成した「安心・安全、そして美味しい養殖魚」を直接消費者の方に提供する専門料理店です。昨年、グランフロント大阪に1号店、東京・銀座に2号店をオープンし、累計来店者が12万人を超える人気店となっています。

本学では、同店を単なる営利目的の店舗ではなく、学生や教員の実学教育の場としてとらえています。1周年を迎えるにあたり、農学部食品栄養学科学生考案の限定ランチメニュー「近大 花かご いけす御膳」を提供することで、一般の方々に学生の研究成果に触れていただき、またお客様の反応を研究にフィードバックすることで、さらに「実学」を深めたいと考えています。

【農学部学生代表者コメント】

農学部 食品栄養学科 3年生 西野 修平

pic_140423-3.jpg

今回のメニューは、企画の段階から私たち農学部食品栄養学科の学生が考え、料理長にご協力・ご指導をいただきながら完成させました。近大卒の魚をさまざまな形で楽しんでいただけるように工夫しております。

私たちは以前にも「近大おいし鴨みかん鍋」というメニューを開発し、銀座の店舗で提供していただきました。勉強の成果をこのような形で大勢の方に披露できるということは、入学前には考えもつかなかった貴重な機会ですので、大きな励みになります。

また、普段はどうしても栄養に関することが中心となりますが、今回はそれに加えて、多くのお客様に楽しんでいただけるよう味はもちろん、見た目にもこだわったメニューを作りたいと考えました。そのため、いつもとは違ってさまざまな視点から栄養や食品について考えることができ、今後の勉強にも繋がる経験となりました。そして何よりも、おいしいメニューができあがりましたので、ぜひ近畿大学水産研究所にて私たちの勉強の成果をお召し上がりください。

pic_140423-4.jpg
関連リンク
・ご来店者数が10万人を突破!「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」 2/9(日)に記念セレモニーを開催しました
・本日ついにオープン! 「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」 グランフロント大阪にて、サントリーグループ、和歌山県と連携 日本初!大学直営・養殖魚の専門料理店

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。