このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

農学部水産学科水産利用学研究室講師・伊藤智広と株式会社バイオバンクの共同研究 野菜や果実の発酵エキスがアレルギー抑制に役立つことを発見!

2014年3月25日

近畿大学農学部水産学科(奈良県奈良市)水産利用学研究室講師の伊藤智広は、株式会社バイオバンク(岡山県岡山市)との共同研究により、野菜や果実などを発酵させたエキス(商品名:OM-X)が、アレルギー症状の抑制に役立つことを新しく発見しました。

詳細につきましては下記プレスリリースをご覧ください。

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社から無料で配布されています。

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。