このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

【公開講座】3/8(土) 医学部附属病院がんセンター 第6回市民公開講座 ~若いときに知っておくべき「がん」のこと~

2014年2月24日

img_140224.jpg

近畿大学医学部附属病院がんセンター (大阪府大阪狭山市)では、平成26年(2014年)3月8日(土)大阪狭山キャンパスにて、「第6回市民公開講座」~若いときに知っておくべき「がん」のこと~を開催します。

これまでにも附属病院がんセンターではがんに関する公開講座を実施しておりますが、昨年行われた第5回の講座には438人もの方にご来場いただき、「勇気づけられた」「盛りだくさんの内容で充実した時間だった」などという感想を頂戴しました。第6回となる今年の講座では、第1・2部は「肺がん」「小児がん」「血液がん」「放射線治療」「乳がん」における各専門の医師が講演させていただき、第3部の特別講演ではシンガーソングライターのより子氏に、小児がんを乗り越えたご自身の体験談に基づいた講演をしていただきます。ぜひこの機会にがんの治療や療養について知識を深めていただきますよう、お誘いあわせの上ご参加ください。

近畿大学医学部附属病院がんセンター「第6回市民公開講座」概要
■ 日  時:平成26年(2014年)3月8日(土)14:00~17:00(13:30受付開始)
■ 場  所:近畿大学医学部 円形棟大講堂
        (大阪府大阪狭山市大野東377-2、南海高野線「金剛駅」からバス約15分)
■ 対  象:一般の方 入場無料
■ 申込方法:申込不要 ※直接会場にお越しください
■ 共  催:独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター
■ お問合せ:近畿大学医学部附属病院がんセンター事務局 TEL(072)366-0221

【プログラム】
〈第1部〉
 ・肺がん:たばこと「関係する癌」VS「しない癌」
     武田 真幸(近畿大学医学部腫瘍内科講師)
 ・学校に帰れる日がやってきた:家族・患者の心配ごと
     上田 悟史(近畿大学医学部小児科講師)
 ・ウイルス感染と発がん -発病と制御-
     前田 裕弘(国立病院機構 大阪南医療センターがん疾患センター部長)
 ・放射線の人体への影響:放射線はがんを治す?がんをつくる?
     中松 清志(近畿大学医学部放射線治療科講師)

〈第2部〉
 ・若い時に知っておくべき乳がんのこと-「乳がん遺伝子」って知ってる?
     菰池 佳史(近畿大学医学部乳腺外科教授)

〈第3部〉
 ・特別講演「より子トーク&コンサート~生きる~」
     より子(シンガーソングライター)

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。