このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

11/22(金)~24(日) 国内外の大学生向け「原子炉実習」を実施

2013年11月19日

近畿大学(大阪府東大阪市)は平成25年(2013年)11月22日(金)~24日(日)、東大阪キャンパスの原子力研究所にて、国内外の大学生を対象とした原子炉実習を実施いたします。

原子炉を保有する国内大学は本学と京都大学の2大学に限られ、しかも原子炉の運転操作や周辺の安全管理実習が可能な施設は本学のみです。文部科学省の平成25年度復興対策特別人材育成事業の一環として、平成25年度は近畿大学原子炉、平成26年度に韓国・慶熙(キョンヒ)大学原子炉および本学が「"オール近大"川俣町復興支援プロジェクト」を遂行している福島県川俣町での研修を行います。

今回の実習には韓国・慶熙大学から原子力を専攻し国際交流に関心を持つ学生4人、九州大学・近畿大学学生から計14人、国内大学留学生(マレーシア)2人の計20人の参加を予定しております。プログラムの内容としては実物の原子炉を使用した「運転管理実習」、中性子・γ線の空間線量率測定実習などを含む「放射線管理実習」、法令及び保安規定に関する講義等の「原子炉施設保安教育」などで、原子炉の構造や特性のみならず、運転管理や放射線管理技術、規制法令を有機的に理解させます。また講演等、一部の研修は英語で行うとともに、日韓学生および留学生による「国際共同作業」を体験することを通じてコミュニケーション能力を向上させます。

原子炉管理の現場や東電福島原発事故の被災地の現場を自らの体験を通じて科学的に理解し、得られた"経験知"を国際的に発信・活用する能力の獲得は、将来原子力分野において国際的に活躍するための必須事項です。また、今後は全国の大学から高いニーズのある実習を全国に拡大させるとともに、従来から本学と国際交流協定を締結している慶熙大学とは研修終了後も両大学の原子炉を相互活用した教育を継続する予定です。今後は人材育成対象大学生を東南アジアへ拡大することも検討しています。

「近畿大学原子炉実習」実施概要
■日 時:平成25年(2013年)11月22日(金)~24(日)
■場 所:近畿大学 東大阪キャンパス 原子力研究所
      (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線長瀬駅から徒歩約10分)

平成25年度復興対策特別人材育成事業 「近畿大学原子炉実習」スケジュール

11月22日(金)
   13時30分  開会挨拶/保安教育
   14時     原子炉見学
   14時30分  (A班)原子炉運転/制御棒校正/中性子・γ線量率測定(150分)
           (B班)放射化法による熱中性子束測定/漏洩γ線測定(150分)
   17時     終了

11月23日(祝)
   9時      (A班)放射化法による熱中性子束測定/漏洩γ線測定(150分)
           (B班)原子炉運転/制御棒校正/中性子・γ線量率測定(150分)
   12時30分  中性子ラジオグラフィ実習(90分)
   14時15分  講演「福島第一原子力発電所事故による環境影響」(60分)
           講師:原子力安全研究協会 杉浦 紳之氏
   15時30分  食品放射能検査実習(90分)
   17時     終了

11月24日(日)
   9時      講演「Continuous Efforts for Safety Improvement after Fukushima」
           講師:(株)関西電力 木地 俊太氏
   10時     まとめと議論(90分)
   11時30分  終了挨拶等
   12時     解散

  • ※「"オール近大"川俣町復興支援プロジェクト」とは

    本学は震災直後より、医学部附属病院の医師や原子力研究所所員を被災地に派遣するなどいち早く支援活動を開始。また、教職員の平成23年(2011年)度の賞与の一部を原資とした約2億円による支援及び募金活動を実施し、その資金で各学部・研究所等が様々な復興支援活動を実施してきた。

    その中で、原子力研究所は、原子力災害の復興支援として 福島県川俣町における環境放射線調査や 子どもたちの線量結果に対するアドバイス、さらに、健康相談会や講演会等を実施してきた。その間、町との信頼関係が実り、平成23年(2011年)6月に川俣町から震災復興アドバイザーの委嘱を受けた。

    その後、13学部48学科を擁する総合大学としての研究力を生かし、近畿大学の総力を挙げて川俣町の早期復興を支援するために立ち上げたプロジェクトが、「"オール近大"川俣町復興支援プロジェクト」。

    各学部の教員から提案された復興支援策を、(1)「農業・産業・町づくり振興支援」、(2)「除染推進支援」、(3)「健康・心身ケア支援」、(4)「放射線・放射能測定支援」の4グループに分け、川俣町民の意見を取り入れつつ、平成25年(2013年)5月31日(金)から本格的に始動。現在では定期的な空間線量率の測定や、土壌の除染研究、コンテナを用いたミニトマトの栽培、町おこしのブランディングまで取り組みは様々な方面に広がっている。
関連リンク
原子力研究所
"オール近大"川俣町復興支援プロジェクト

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。