このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

11/12(火)から「近大おいし鴨」の通年販売開始!

2013年11月11日

pic_130929.jpg

近畿大学附属農場生石(おいし)農場(和歌山県有田郡有田川町)では、平成25年(2013年)11月12日(火)から、(株)モンマルシェ系列のスーパー4店舗(西武庫店、他3店)で、丹精込めて育てた「近大おいし鴨」を通年販売することになりました。先月、(株)モンマルシェの創業祭で限定販売したところ完売するほど大好評だったため、通年で販売することに決定しました。通年販売は和歌山県外では初めての試みとなります。

和歌山県生石高原にある生石農場では、昼夜の寒暖差が大きい山地特有の気候を活かして昭和58年(1983年)から合鴨(チェリバレー種)を飼育しており、「近大おいし鴨」として販売しています。飼育にあたっては、給餌や飼育舎の温度を細かく管理し、天然の湧き水を与え、一羽あたりの飼育面積も広くすることで鴨へのストレスを減らす工夫をしています。本学の建学の精神である「実学」を推進するため、飼育現場の声を大切にしながら研究を進めてきました。

肉質の特徴としては、合鴨本来の風味を残しながらクセのない味と食感、濃い色の赤身とピンクがかった白色の脂身の美しさなどがあげられ、食べやすく美味しい鴨肉として人気が高まっています。

なお、「近大おいし鴨」は、和歌山県有田川町の宿泊施設・レストランで「鴨なんばん」や「鴨丼」としてお召し上がりいただけるほか、有田川町の「ファーマーズマーケットどんどん広場」や和歌山市の合鴨料理専門店などへの販売も行っています。

「近大おいし鴨」 通年販売開始について
■販 売 日 :平成25年(2013年)11月12日(火)
         ※営業時間は店舗により異なります。
■販売内容:「近大おいし鴨」ロース肉スライス 200g入り 鴨鍋スープ付き
         1パック 980円(税込)
         「近大おいし鴨」モモ肉スライス 100gあたり398円(税込)でグラム売り
■販売店舗:モンマルシェ西武庫店(尼崎市西武庫元町2-6-12)
         にっさんクオレ太秦店(京都市右京区太秦掘ケ内町32-1)
         スーパーにっさん嵯峨店(京都市右京区嵯峨新宮町5)
         ブーケ・ド・シェフ下鴨店(京都市左京区下鴨膳部町6-1)
関連リンク
「近大おいし鴨」を限定販売 附属農場生石(おいし)農場

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。