このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

近畿大学・リーブ21共同研究 脱毛者の毛髪には男女共に鉛やヒ素などの有害ミネラル蓄積量が多い傾向

2013年10月22日

近畿大学薬学部医療薬学科公衆衛生学研究室(大阪府東大阪市、主宰:川﨑直人)と、株式会社毛髪クリニックリーブ21 (本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下リーブ21)は、第72 回日本公衆衛生学会総会(2013 年10 月23 日(水)~25 日(金) )において、「脱毛者における毛髪中有害ミネラルの含有量」の研究成果を発表いたします。

詳細につきましては下記プレスリリースをご覧ください。

プレスリリース記事(PDF;2.8MB)

Adobe Readerのダウンロード

PDFデータをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、Adobe社のホームページからダウンロードしてください。

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。