このページの本文へ移動します。

イベント

【公開講座】11/9(土)アンチエイジングセンター 第7回市民公開講座 「お茶と薬草で明日も元気!」 「現代医療に息づいた漢方療法」

2013年10月28日

近畿大学(大阪府東大阪市)は平成25年(2013年)11月9日(土)、本学東大阪キャンパスにて「近畿大学アンチエイジングセンター 第7回市民公開講座」を開催します。

近畿大学アンチエイジングセンターでは、少子化が進むわが国において、国民の第一の財産である健康を守り、健康寿命を延ばし、いきいきとした社会を創るための活動を行っています。

また、「お薬相談コーナー」「薬草茶試飲コーナー」「薬用植物園見学」も開催致します。地域市民の皆さまを対象としていますので、興味のある方であれば、どなたでも無料でご参加いただけます。今回は下記2つのテーマについて講演を行います。

【講演(1) お茶と薬草で明日も元気!】 13:00~13:50
  近畿大学 薬学部 創薬科学科 教授 松田 秀秋(まつだ ひであき)

人類は長い歴史の中で、身の回りの植物などの天然資源から、病気の治療や健康増進に有用な薬草を数多く見つけ出し利用してきました。現代においてそれらの有用性を科学的に証明する研究や、さらに新たな機能性を見出す研究が行われています。本講座では、お茶(緑茶・紅茶・コーヒー)の効能や身近な薬草を紹介し、"薬草術"を生かして"健康長寿"に生き抜くヒントを考えましょう。

【講演(2) 現代医療に息づいた漢方療法】 14:00~14:50
  近畿大学 東洋医学研究所 准教授 森山 健三(もりやま けんぞう)

漢方が現代医療で本格的に使用され始めて早30年になります。抗がん剤による副作用の軽減や生活習慣病の改善、最近では認知症にみられる症状の改善など数々の疾患に応用されています。古代中国医学を再発見することで、今日からできる健康管理法を一緒に考えましょう。

近畿大学アンチエイジングセンター 第7回市民公開講座
■ 日  時:平成25年(2013年)11月9日(土)
        会場・受付12:00~
        講演(1)13:00~13:50 講演(2)14:00~14:50
■ 場  所:近畿大学東大阪キャンパス15号館2階15-2教室
        大阪府東大阪市小若江3-4-1
        (近鉄大阪線「長瀬」駅から徒歩約10分、近鉄奈良線「八戸の里」駅から徒歩約20分)
■ 料  金:受講料無料(定員200人、申込先着順)
■ 申込方法:講演開催日、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、FAX番号を明記の上、
        (1)E-mail:tamiko.yamashita@itp.kindai.ac.jp
        (2)FAX:(06)6729-3577
        (3)ハガキ のいずれかにてお送りください。
■ お問い合わせ:近畿大学アンチエイジングセンター TEL:(06)4307-3002
関連リンク
近畿大学アンチエイジングセンター
東洋医学研究所 
薬学部ホームページ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。