このページの本文へ移動します。

イベント

【公開講座】10/19(土)「乳酸菌と伝統的発酵食品」 「知ってナットク!日本食素材の健康機能」(名古屋会場:農学部主催)

2013年10月 7日

近畿大学農学部(奈良県奈良市)は平成25年(2013年)10月19日(土)、名古屋マリオットアソシアホテルにて「公開講座2013 in 名古屋」を開催します。
近畿大学農学部は6つの学科から構成されており、現代社会が抱える食や環境、健康の諸問題にアプローチし、それぞれの分野で日々最先端の研究に取り組んでいます。公開講座は地域市民の皆さまを対象としていますので、興味のある方であれば、どなたでも無料でご参加いただけます。今回は下記2つのテーマについて、本学部教員が自身の研究テーマについてわかりやすく講演します。

【講演(1) 乳酸菌と伝統的発酵食品】
                近畿大学 農学部 応用生命化学科 教授 岸本 憲明(きしもと のりあき)

ブドウ果実を集めて保存しておくとアルコール発酵してお酒ができます。伝統的な発酵食品の多くは多種類の微生物が発酵に関与しています。おいしい発酵食品をつくるには、主役となる微生物が優勢となるように、微生物群集をコントロールすることが必要です。また、私たちの腸内を善玉菌が優勢な状態にするときにも、乳酸菌の数と働きがポイントになります。乳酸菌が発酵食品の製造や腸内環境の改善に果たしている役割についてお話します。

【講演(2) 知ってナットク!日本食素材の健康機能】
                近畿大学 農学部 応用生命化学科 准教授 森山 達哉(もりやま たつや)

私たちが普段食べている食品は、栄養素として生命活動を支えています。食品にはヒトの健康を調節する成分が含まれており、それらが私たちの健康な生活にとって大切な働きをしています。特に、魚や大豆、味噌、茶などの日本素材に焦点をあて、その優れた健康機能性について最新の情報を紹介します。

近畿大学農学部公開講座2013 in 名古屋
■ 日  時 : 平成25年(2013年)10月19日(土)
         受付10:00~ 開会10:30~ 講演(1) 10:40~11:40 講演(2) 11:50~12:50
■ 場  所 : 名古屋マリオットアソシアホテル  16階 アイリス
         名古屋市中村区名駅1-1-4
         (JR「名古屋駅」から約1分、名鉄・近鉄「名古屋駅」から約2分)
■ 料  金 : 入場無料(定員100人、先着順)、事前申し込み不要
■ お問い合わせ : 近畿大学農学部事務部 TEL(0742)43-1894
関連リンク
近畿大学農学部・奈良キャンパス 秋の公開講座

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。