このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

生物理工学部の開発事業が 日本中央競馬会(JRA)の畜産振興事業に

2013年7月18日

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市、学部長:細井美彦)の松本和也教授らの研究開発グループが推進する「黒毛和種肥育牛の生産性向上とその安定化を実現する新たな肥育診断技術の開発事業」が、日本中央競馬会(以下JRA)が畜産振興の取り組みとして助成する「日本中央競馬会畜産振興事業 平成25年度公募事業」に採択されました。

詳細につきましては下記プレスリリースをご覧ください。

プレスリリース記事(PDF;256KB)

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。