このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

5/10(金) 泰日工業大学と「学術交流協定」を締結

2013年5月10日

近畿大学(本部:大阪府東大阪市、学長:塩﨑 均)と泰日工業大学 (タイ王国、学長:クリサダー・ヴィサワティーラノン)は5月10日(金)、両大学にとって相互利益となる学術交流協力を推進するため、「泰日工業大学と近畿大学との学術交流協定」を締結しました。本協定に基づき、学部間交流、交換留学、共同研究および共同学会、学術研究目的のための情報交換などを推進する予定です。

平成25年1月17日に、安倍晋三総理大臣とご一緒に世耕弘成内閣官房副長官が訪タイされたおり、泰日工業大学へ訪問されました。世耕弘成内閣官房副長官は、近畿大学校友会名誉会長でもあり、その際に近畿大学との交流についてお話されたことがきっかけとなり、協定締結に至りました。

本協定の締結により、グローバル人材の育成、国際化を進めるとともに、タイ王国と我が国の教育・研究の一層の進展に資することを目指します。

泰日工業大学と近畿大学との学術交流協定 協定書調印式

  • ■ 日 時:平成25年5月10日(金)9時30分~10時00分
  • ■ 場 所:タイ王国大使公邸(東京都品川区上大崎3-14-6)
  • ■ 式 次 第:調印式
     ・調印
     ・挨拶  タイ王国 大使
          泰日工業大学 学長
          近畿大学 学長
  • ■ 出 席 者:泰日工業大学
             クリサダー・ヴィサワティーラノン 学長
             スパポーン・ヘンポンソーパー 国際交流・広報局長
             水谷 光一 国際交流担当専任講師
            近畿大学
             塩﨑 均 学長
             宇田 宏 理工学部長
             大村 吉弘 国際学生交流センター長・日本語教育センター長
            ご来賓
             タナティップ・ウパティシン タイ王国大使
pic-130510-1.jpg

泰日工業大学

泰日工業大学(英語名称:Thai-Nichi Institute of Technology(略称: TNI))は、タイ・日友好とタイ産業界の人材育成を目的として設立された泰日経済技術振興協会(英語名称:Technology Promotion Association (Thailand-Japan)(略称:TPA))を母体としています。2005年のTPA総会議の決議を経て、2006年9月29日、教育省所管の高等教育委員会から学校設立認可が下り、タイ国で、タイ・日両国友好の証ともいえる泰日工業大学が開学しました。

泰日工業大学は、現地日系企業のニーズに直接合った人材を安定して供給すること、日本語でのコミュニケーション能力を有する人材を育成すること等を通じて、タイと日本の一層の経済連携と友好関係の発展を目指しています。

近畿大学

「実学教育」「人格の陶冶」を建学の精神とし、グローバル化された諸問題に立ち向かっていくために、ネイティブな英語を学習するための英語村をはじめとする外国語学習を支援するスタッフ、施設をそろえてきました。本協定に基づき、学部間交流、交換留学、共同研究および共同学会、学術研究目的のための情報交換などを推進する予定です。

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。