このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

〜次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」〜 近畿大学と(株)ナニワ炉機研究所、新型製造機を開発 連続生成で生産能力4倍に、省電力化も実現

2012年12月18日

近畿大学(本部:大阪府東大阪市、学長:塩崎均)と、株式会社ナニワ炉機研究所(本社:大阪府八尾市、代表取締役:村田悦夫)は、近畿大学理工学部の井田民男准教授のグループが研究開発を進めている次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」について、連続でバイオコークス生成を可能にすることで生産能力を従来機の約4倍に高めた新型連続製造機を開発しました。新型製造機は、従来機より消費電力を軽減し、バイオコークス製造プラントの初期投資や運転コストの低減に寄与できます。

■バイオコークス新型製造機について
バイオコークスは、茶葉や木くずなどさまざまな自然由来の原料を乾燥・粉砕してからシリンダーの中に充填し、圧力をかけて硬度を高めながら加熱と冷却を加え、円筒形の固形燃料に仕上げます。従来の製造機では、シリンダー内に原料が停止した状態(同じ位置)で加熱と冷却のプロセスを順次、行っていました。新型機では、この仕組みを抜本的に変え、原料がつねにシリンダー内を移動しながら、まず加熱ユニットを通過中に加熱され、次に冷却ユニットで冷却されるという"流れ作業"型のシステムとしました。
この結果、原料充填から加圧、加熱、冷却、そして完成したバイオコークスを切断・排出するまでの全工程を完全自動・ノンストップで稼働できます。このことから新型機のバイオコークス製造能力を従来機の約4倍まで高めることができました。 また、新型製造機の特長は、従来機から省電力が進んだことがあげられ、製造に必要な電力は従来機の20%にまで低減できました。
新型機は、バイオコークス製造販売を行う事業者にとって、プラント導入コストと運転コストの双方を軽減できるため、今後のバイオコークス普及に役立つことが期待されます。

■「近畿大学バイオコークス研究所」の開設について
近畿大学は2012年12月1日、「近畿大学バイオコークス研究所」(所長:宇田宏理工学部長)を開設し、恵庭市施設を同研究所の地域拠点と位置づけ、さらに研究開発を進めていきます。北海道でのバイオコークス普及に向けた取り組みも、同施設を拠点として積極的に取り組んでいく予定です。

<参考資料1>

pic_121218-1.jpg

バイオコークスとは (右の図を参照)

  • バイオコークスは、飲料工場から大量に排出・廃棄される「茶かす」をはじめ、ほぼ全ての光合成由来バイオマスから製造可能で、製鉄・鋳造炉で燃料として使われる石炭コークスの代替となる、新しい固形燃料です。石炭コークスの課題である化石燃料依存(=天然資源枯渇)や輸入価格変動のリスクを解決する、まったく新しい国産エネルギーとして期待を集めています。近畿大学理工学部の井田民男准教授が開発しました。
  • バイオコークスには、(1)原料の100%を活用できる(製造時に新たな廃棄物が出ない=ゼロ・エミッション) (2)石炭コークスよりCO2排出量を削減できる(植物由来のため排出量はゼロカウント) (3)食糧や飼料を原料として消費せずに済む(ほぼすべての植物由来廃棄物が原料になる)――という利点があります。また、石炭コークスの代替だけでなく、家庭用燃料を含む、さまざまな用途に活用できる可能性が高いとみられています。

バイオコークス研究開発の経緯

  • 近畿大学は2008年4月、北海道恵庭市に「近畿大学バイオコークス量産実証実験センター」を開設し、バイオコークスの製造を開始。
  • 同年4〜7月、(株)豊田自動織機東知多工場(愛知県)で、自動車エンジン部品を製造するキュポラ炉での実証試験。製品製造工程への影響なくしてバイオコークスが石炭コークス11.4%代替に成功。
  • 近畿大学は2009〜2010年、北海道下川町で、自生する植物をバイオコークス化し、ビニールハウス暖房燃料に利用する実験を実施。自走式製造装置(作業車両)も導入。
  • 近畿大学は2010年4月、(株)ナニワ炉機研究所と共同で、24時間で約1トンの製造能力を持つ実用タイプのバイオコークス製造装置を開発。
  • 大阪府森林組合が2011年4月、世界初のバイオコークス商用製造プラントを大阪府高槻市に建設。間伐材などを燃料化して販売。現在も稼働中。
  • 近畿大学とJFEエンジニアリング(株)、(株)ナニワ炉機研究所、日本砿研(株)が2011年9月、共同実証試験。廃棄物高温ガス化直接溶融炉で石炭コークス56.5%代替に成功。
  • バイオコークスの研究開発は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の平成19年度イノベーション実用化開発費助成金、および全国中小企業団体中央会の平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助金の事業に採択されました。
  • 北海道経済産業局の平成22年度補正予算「地域イノベーション創出研究開発事業」の支援を受け、2012年に連続でバイオコークス生成を可能にすることで生産能力を従来機の約4倍に高めた新型連続製造機の開発に成功。
  • 2012年1月、バイオコークスは平成23年度新エネ大賞の資源エネルギー庁長官賞を受賞しました。
  • 2012年12月、近畿大学、(株)豊田自動織機、(株)ナニワ炉機研究所、大阪府森林組合が平成24年度地球温暖化防止活動環境大臣賞を共同受賞しました。

■近畿大学ホームページ バイオコークス紹介ページ
http://www.kindai.ac.jp/bio-coke/

<参考資料2>

【写真】 今回、開発された新型のバイオコークス連続製造機

pic_121218-2.jpg
関連リンク
近畿大学 バイオコークス紹介ページ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。