在学生の声

近畿大学理工学部の、ここがすごい。ここが面白い。

先輩たちはどうして近畿大学理工学部を選んだのか? 理工学部でどんなことを学んでいるのか?みなさんよりも少し年上の各学科1・2 年生に聞きました。

理学科 数学コース

数学の面白さを探求しながら、論理的思考力が身に付く

生駒祭で「数学コンテスト」が行われ、数学に力を入れている大学だと思い志望。実際、「基礎ゼミ1・2」では複数の教授の専門分野を学ぶことができ、視野が広がりました。高校までの数学は2次元の迷路、大学の数学は3次元の迷路に入るようなもので、迷いながらゴールを見つける作業だと思います。教授が学生との距離を縮めてくれるような指導をしてくれるのも嬉しい点です。

理学科 数学コース[2年]勝又 真 さん

勝又 真 さん

理学科 数学コース 学科情報

理学科 物理学コース

幅広い研究分野でさまざまな興味に対応できる

物理コースを選んだ当初の理由は、こどもの頃から好きだった宇宙について学ぶため。学年が上がり、専門的な講義を受けるうちに量子に興味を持つようになりました。現在は量子多体物理学研究室に所属し、固体中の粒子の運動など、ミクロの世界について学んでいます。少人数制のため手厚い指導を受けられるのも魅力のひとつです。

理学科 物理学コース[4年]横井 真理 さん

横井 真理 さん

理学科 物理学コース 学科情報

理学科 化学コース

多様な化学実験がより深い理解につながる

化粧品開発に興味があり、理学科化学コースを選びました。座学で培った知識を実験で確認できるので、より深く理解できるのが嬉しいです。学部が多く、たくさんの人と関わることで自分の視野を広げられるのも近畿大学の特徴。卒業後は大学院に進学したいです。そして海外の学会などにも参加し、世界で通用する化学者になりたいです。

理学科 化学コース[2年]岡野 さくら さん

岡野 さくら さん

理学科 化学コース 学科情報

生命科学科

一つの生命現象を多面的に見ることを学びます

各セメスターに行われる実験実習では、実際の現場で生かせるような技術としてアウトプットします。各講義で学んだことが生きた技術に繋がると思うと、やりがいや面白さを感じます。来年はロシアプロジェクトにも参加予定で、将来は治療に副作用を伴う疾患に対して軽減策や別の養成メカニズムを研究し、体への負荷がより少ない治療法の開発に携わりたいです。

生命科学科[2年]川畑 日南 さん

川畑 日南 さん

生命科学科 学科情報

応用化学科

日本の技術を習得し中国で化粧品開発に携わりたい

日本の科学技術を学びたくて、歴史があり、豊富な研究実績がある近畿大学の理工学部を選びました。将来の夢は、母国で化粧品の品質向上に貢献することです。基礎ゼミで日焼け止め化粧品を作ってその効果を検証したグループワークはとても勉強になり、楽しかったです。学びたいことにじっくり取り組める環境に満足しています。

応用化学科[3年]史 夢華 さん

史 夢華 さん

応用化学科 学科情報

機械工学科

女性ならではの目線を、ものづくりに生かしたい

工学系でものづくりができる学科に進学したいと考え、物理の先生が近畿大学出身で話を聞いて興味を持ち、機械工学科を志望しました。実際に機械に触れたり、CADを用いて図面を描いたり実践的なことが学べ、座学だけでは想像しにくいところも具体的に学ぶことができるのでやりがいを感じます。将来は女性目線で使いやすい家具や家電など身の回りのものを作りたいです。

機械工学科[3年]橋本 綾乃 さん

橋本 綾乃 さん

機械工学科 学科情報

電気電子工学科

学びを通して生活の謎が解けていく!

「E=mc2のからくり」という本がきっかけで電気電子工学科を選びました。「電磁気学II」という講義ではIHの仕組みや、アンテナの構造など、生活の謎が解けていくのがとても面白いです。1年次に所属していた基礎ゼミでは、それぞれが自分で考えたテーマについて研究する機会があり、自主的に物事に取り組む姿勢が自然と身につきました。

電気電子工学科[3年]奥田 弘礼 さん

奥田 弘礼 さん

電気電子工学科 学科情報

情報学科

知識と出会いを生かしてより良い社会をつくる!

現代社会では機械技術や経済分析など、何においても「情報」は欠かせません。近畿大学は他学部の学生と交流ができるワークショップが多数開かれ、専門分野以外の学生と出会う中で、どんな分野にも情報技術が必要とされていることを知りました。将来は学科で得た情報の知識を生かし、大学の起業セミナーで知り合った友人と一緒に、日本をより良い社会に変えられるような会社を起こすのが目標です。

情報学科[3年]岡崎 華奈 さん

岡崎 華奈 さん

情報学科 学科情報

社会環境工学科

環境整備の研究のために土木について勉強中

かつて上海を訪れた時、都市部と郊外の環境の落差が激しく、町の発達とインフラの関係について興味を持つようになりました。現在は、構造力学、水理学、土質力学など、土木工学全般を学んでいます。安全な構造物を建設するために欠かせない物理の計算力も養っています。学びをより深めたいので、卒業後は大学院に進むつもりです。

社会環境工学科[4年]東上 里奈 さん

東上さん

社会環境工学科 学科情報