教員・研究員紹介

波部 斉 (はべ ひとし)
准教授 博士(情報学)
所属学科/情報学部  所属専攻/エレクトロニクス系工学専攻

カメラで撮影した映像に写っている「もの」やそこで起こっている「こと」の理解を可能にし、我々の暮らしに役立つ人工知能の実現を目指しています。具体的には、防犯カメラによる集団行動解析や水中の魚群の動きの解析、物体認識のための基礎技術の開発などに取り組んでいます。

防犯カメラ映像からの集団の抽出とその詳細理解

専門 コンピュータビジョン、画像認識、パターン認識
担当科目(学部) パターン認識、微分積分学II、情報実習I、プログラミング実習II
担当科目(大学院) コンピュータビジョン特論
主な研究テーマ 防犯カメラ画像を用いた集団行動解析、水中動物の動きの解析、コンピュータビジョンのためのパターン認識基礎
代表的な研究業績 (1) 波部斉,橋本知典,満上育久,鷲見和彦,八木康史:人物のジェスチャーを加味した歩行者グループ検出,日本知能情報ファジイ学会誌,29(3),605-610,2017 



(2) 佐藤僚太,波部斉,満上育久,佐竹聡,鷲見和彦,八木康史:行動の一部に見られる特徴に着目する歩行者グループ検出,日本知能情報ファジイ学会誌,28(6),920-931,2016 



(3) Kei Terayama, Hitoshi Habe, Masa-aki Sakagami: Multiple fish tracking with an NACA airfoil model for collective behavior analysis, IPSJ Transaction on Computer Vision and Applications, 8(4), 2016



 
researchmap http://researchmap.jp/habhit/
所属学協会 IEEE、ACM、電子情報通信学会(シニア会員)、情報処理学会(シニア会員)、電気学会、人工知能学会、日本水産学会
学外活動 情報処理学会関西支部幹事、情報処理学会CVIM研究会運営委員、電子情報通信学会関西支部支部運営委員、電子情報通信学会英文論文誌D編集委員、画像センシングシンポジウムSSII実行委員会広報部会長・オーガナイズドセッション部会長,国際会議MVA2013 Web Chair、国際会議MVA2015 Tutorial Chair、国際会議MVA2017 Publication Chair,国際会議MVA2019 Publication Chair
出身大学 京都大学
出身大学院 京都大学(修士課程)
論文名、取得大学、取得年月 Geometric Information Processing Methods for Elaborating Computer Vision Algorithms、京都大学、2006年11月
主な経歴 三菱電機株式会社(1999年)、京都大学助手(2002年)、奈良先端科学技術大学院大学助手・助教(2006年)、英国ケンブリッジ大客員研究員(2010年~2011年)、大阪大学特任講師(2011年)、近畿大学講師(2012年〜2018年)、同准教授(2018年〜)
受賞歴 電子情報通信学会 ISS活動功労賞(2020年)、電子情報通信学会 ISS査読功労賞(2012年)、
コニカミノルタ画像科学振興財団 画像科学奨励賞(2009年)、SPIE Medical Imaging 2008 Honorable Mention Poster Award(2008年)
学生へのアドバイス 失敗を恐れずに数多くのことにチャレンジしていきましょう。すべてが今後の人生の糧になります。
学生に薦めたい書物 人を動かす、デールカーネギー、1999
趣味・その他 カメラ、旅行、ジョギング、筋トレなど

コンピュータビジョン研究室

教員室 E館2階E-225 波部准教授室
内線 5403
メールアドレス habe(at)kindai.ac.jp
  • 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL http://www.habe-lab.org/

教員・研究員紹介