教員・研究員紹介

藤野 隆由 (ふじの たかよし)
准教授 工学博士
所属学科/応用化学科 

当研究室では、チタンやアルミニウムなどの軽金属を対象とした表面科学をテーマに、「環境」、「バイオ」、「エネルギー」の三つの柱を立てたものづくり開発を産官学共同で推進しています。

薄膜の電子顕微鏡写真と腐食電位

専門 分析化学、環境工学
担当科目(学部) 分析化学、応用化学実験III、環境工学、、卒業研究(理工学部)、基礎ゼミ1、基礎ゼミ2、卒業研究ゼミナール
主な研究テーマ 軽金属の表面改質・処理による高機能化に関する研究
超大表面積を有するナノピラーの作製やピコ触媒の創製に関する研究
軽金属材料のロケット・航空機への展開に関する研究
無電解めっき技術を駆使した新規コンポジット材料の開発と高機能電子デバイスへの応用に関する研究
代表的な研究業績 (1) 交直ハイブリッド電解法により構造制御したポーラスアルミナをテンプレートとしたニッケルナノピラーの作製,表面技術,61(6), pp.452-457(2010).
(2) アルミニウムアノード酸化皮膜中へのFeTiOxの析出による光触媒機能の付与,表面技術,62(12), pp.663-666(2011).
(3) ダイカスト(ADC12)材上へのNi-P無電解めっきの作製,近畿アルミニウム表面処理研究会誌,290(11), pp.8-15(2014).
研究内容・研究成果
researchmap http://researchmap.jp/read0034088
所属学協会 日本分析化学会、日本化学会、表面技術協会、軽金属学会、日本表面科学会、日本金属学会、近畿化学協会、材料技術協会、近畿アルミニウム表面処理研究会
学外活動 表面技術協会(評議員)、表面技術協会関西支部(常任幹事)、近畿アルミニウム表面処理研究会(事務局長)
出身大学 近畿大学(学部)
出身大学院 近畿大学大学院(博士前期課程)
論文名、取得大学、取得年月 原子吸光分析における還元性粉体添加による増感と示差分析に関する研究、近畿大学、1990年9月
主な経歴 近畿大学助手(1985年)、米国NIST客員研究員(1993-1994年)、近畿大学講師(1994年)、近畿大学准教授(2015年)
受賞歴 近畿大学理工学部長賞(1982年)、軽金属学会論文賞(2003年)、表面技術協会SURTECH2008奨励賞、材料技術協会論文賞(2010年)、軽金属学会60周年功績賞(2011年)、ひがしんビジネス大賞(2012年)
学生へのアドバイス より多くの経験が人間力を高める
学生に薦めたい書物 司馬遼太郎著
趣味・その他 絵画・映画・音楽鑑賞、旅行

応用制御化学研究室

教員室 38号館8階S808藤野准教授室
内線 5230
メールアドレス taka-f(at)apch.kindai.ac.jp
  • 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL http://www.apch.kindai.ac.jp/control-folder/control-index.html

教員・研究員紹介

array(84) { ["professor_id"]=> string(3) "682" ["site"]=> string(3) "sci" ["html"]=> string(19) "05_fujino_takayoshi" ["login_id"]=> string(24) "taka-f@apch.kindai.ac.jp" ["login_pw"]=> string(64) "908bae433ccb142b66ff0eee0f140638911620652b4bd8e748eafa391304c75f" ["name"]=> string(13) "藤野 隆由" ["name_en"]=> string(16) "FUJINO Takayoshi" ["name_kana"]=> string(22) "ふじの たかよし" ["jobtype"]=> string(1) "3" ["degree"]=> string(12) "工学博士" ["degree_en"]=> string(21) "Doctor of Engineering" ["department"]=> string(28) "department_applied_chemistry" ["department_txt"]=> string(0) "" ["department_txt_en"]=> string(0) "" ["major1"]=> NULL ["major2"]=> NULL ["category1"]=> string(40) "research_chemistry_and_materials_science" ["class1"]=> string(42) "research_chemistry_and_materials_science10" ["category2"]=> NULL ["class2"]=> string(0) "" ["category3"]=> NULL ["class3"]=> string(0) "" ["specialty"]=> string(27) "分析化学、環境工学" ["specialty_en"]=> string(47) "Analytical Chemistry, Environmental Engineering" ["subject"]=> string(149) "分析化学、応用化学実験III、環境工学、、卒業研究(理工学部)、基礎ゼミ1、基礎ゼミ2、卒業研究ゼミナール" ["subject_en"]=> string(86) "Analytical Chemistry, Environmental Engineering, Experiment III for Applied Chemistry" ["subject_graduate"]=> string(0) "" ["subject_graduate_en"]=> string(0) "" ["research_theme"]=> string(378) "軽金属の表面改質・処理による高機能化に関する研究 超大表面積を有するナノピラーの作製やピコ触媒の創製に関する研究 軽金属材料のロケット・航空機への展開に関する研究 無電解めっき技術を駆使した新規コンポジット材料の開発と高機能電子デバイスへの応用に関する研究" ["research_theme_en"]=> string(248) "High Function by Surface Modification &amp; Treatment of Light Metal(Aluminum, Magnesium and Titanium etc.). Development of the High Functional Material with Anodic Oxidation by Hybrid Electrolytic Method and Electroless Plating on Light Metal." ["research_record"]=> string(514) "(1) 交直ハイブリッド電解法により構造制御したポーラスアルミナをテンプレートとしたニッケルナノピラーの作製,表面技術,61(6), pp.452-457(2010).<br />(2) アルミニウムアノード酸化皮膜中へのFeTiOxの析出による光触媒機能の付与,表面技術,62(12), pp.663-666(2011).<br />(3) ダイカスト(ADC12)材上へのNi-P無電解めっきの作製,近畿アルミニウム表面処理研究会誌,290(11), pp.8-15(2014)." ["research_record_en"]=> string(511) "(1)Preparation of Nickel Nanopillars Using Structure-Controlled Porous Anodized Aluminum bu hybrid Electrolysis of AC and DC,J. Surf. Finish. Soc. Jpn, 61(6), pp.452-457(2010).<br />(2)A Grant of Photocatalyst Function by the Electrolytic Deposition of FeTiOx to the Hole Inside of Aluminum Oxdation Films,J. Surf. Finish. Soc. Jpn, 62(12), pp.663-666(2011).<br />(3)Production of the Ni-P Electroless Plating on Aluminum Die Casting (ADC12) ,Alumi. Finish. Soc. Kinki, 290(11), pp.8-15(2014)." ["research_results"]=> string(211) "<a target="_blank" href="http://kurepo.clib.kindai.ac.jp/modules/xoonips/listitem.php?index_id=7984">http://kurepo.clib.kindai.ac.jp/modules/xoonips/listitem.php?index_id=7984</a>" ["research_results_en"]=> string(0) "" ["researchmap"]=> string(33) "http://researchmap.jp/read0034088" ["researchoverview"]=> string(0) "" ["academic_society"]=> string(213) "日本分析化学会、日本化学会、表面技術協会、軽金属学会、日本表面科学会、日本金属学会、近畿化学協会、材料技術協会、近畿アルミニウム表面処理研究会" ["academic_society_en"]=> string(115) "Surface Finishing Society of Japan, The Japan Society for Analytical Chemistry, The Japan Society for Light Metals" ["activities"]=> string(150) "表面技術協会(評議員)、表面技術協会関西支部(常任幹事)、近畿アルミニウム表面処理研究会(事務局長)" ["activities_en"]=> string(103) "Surface Finishing Society of Japan(Director), Aluminium Finishig Society of Kinki (Secretary General)" ["university"]=> string(24) "近畿大学(学部)" ["university_en"]=> string(32) "BE and ME from kindai University" ["graduate_school"]=> string(45) "近畿大学大学院(博士前期課程)" ["graduate_school_en"]=> string(0) "" ["monograph"]=> string(128) "原子吸光分析における還元性粉体添加による増感と示差分析に関する研究、近畿大学、1990年9月" ["monograph_en"]=> string(122) "Studies on effect of reducing powders on atomic absorption spectrometry and its application for differentiak determination" ["career"]=> string(148) "近畿大学助手(1985年)、米国NIST客員研究員(1993-1994年)、近畿大学講師(1994年)、近畿大学准教授(2015年)" ["career_en"]=> string(40) "Associate Professor of Kindai University" ["advise"]=> string(45) "より多くの経験が人間力を高める" ["advise_en"]=> string(59) "More experience raises human being power, becomes skill up." ["recommend"]=> string(18) "司馬遼太郎著" ["recommend_en"]=> string(13) "Routarou Siba" ["hobby"]=> string(39) "絵画・映画・音楽鑑賞、旅行" ["hobby_en"]=> string(36) "Movie and Picture appreciation, Trip" ["awards"]=> string(261) "近畿大学理工学部長賞(1982年)、軽金属学会論文賞(2003年)、表面技術協会SURTECH2008奨励賞、材料技術協会論文賞(2010年)、軽金属学会60周年功績賞(2011年)、ひがしんビジネス大賞(2012年)" ["awards_en"]=> string(49) "Paper Prize of the Japan Society for Light Metals" ["group_name"]=> string(27) "応用制御化学研究室" ["group_name_en"]=> string(39) "Laboratory of Applied Control Chemistry" ["teacher_room"]=> string(34) "38号館8階S808藤野准教授室" ["teacher_room_en"]=> string(39) "Building No. 38, the eighth floor, S808" ["extension_no"]=> string(4) "5230" ["email"]=> string(24) "taka-f@apch.kindai.ac.jp" ["url1"]=> string(62) "http://www.apch.kindai.ac.jp/control-folder/control-index.html" ["url1_en"]=> string(0) "" ["url2"]=> string(0) "" ["url2_en"]=> string(0) "" ["list_title"]=> string(66) "環境、エネルギー分野のイノベーションに挑む。" ["list_title_en"]=> string(68) "The innovation of the field of environment and energy is challenged." ["list_detail"]=> string(264) "当研究室では、チタンやアルミニウムなどの軽金属を対象とした表面科学をテーマに、「環境」、「バイオ」、「エネルギー」の三つの柱を立てたものづくり開発を産官学共同で推進しています。" ["list_detail_en"]=> string(301) "The research theme of this laboratory is the surface science of light metals such as titanium and aluminum. Our research efforts rest on the three pillars of the environment, bio, and energy, and we promote manufacturing and development based on collaboration among industry, government, and academia." ["caption"]=> string(45) "薄膜の電子顕微鏡写真と腐食電位" ["caption_en"]=> string(59) "Microscope photograph and corrosion potential of thin films" ["html_keywords1"]=> string(9) "軽金属" ["html_keywords2"]=> string(12) "表面改質" ["html_keywords3"]=> string(18) "ナノ構造制御" ["html_keywords1_en"]=> string(11) "Light metal" ["html_keywords2_en"]=> string(34) "Surface modification and treatment" ["html_keywords3_en"]=> string(29) "Nano-porous structure control" ["sci_display_flag"]=> NULL ["edited_at"]=> string(19) "2020-01-18 18:20:50" ["created_at"]=> string(19) "2022-05-21 10:17:09" ["updated_at"]=> string(19) "2022-05-21 01:17:10" ["pic"]=> string(49) "/data/sci_info/images/pic_05_fujino_takayoshi.jpg" ["img"]=> string(49) "/data/sci_info/images/img_05_fujino_takayoshi.jpg" }