このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • 研究
  • 重イオン反応による新たな核分裂核データ取得方法を確立 ―核分裂現象の解明にも道―

研究

重イオン反応による新たな核分裂核データ取得方法を確立 ―核分裂現象の解明にも道―

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(理事長 児玉敏雄。以下「原子力機構」)先端基礎研究センターの西尾 勝久サブリーダー及び廣瀬 健太郎 研究副主幹らは、東京工業大学(学長 三島 良直。以下「東工大」)科学技術創成研究院 先導原子力研究所の千葉 敏 教授、近畿大学(学長 塩﨑 均)理工学部 電気電子工学科の有友嘉浩 准教授らのグループとの共同研究により、核分裂核データとして重要な1)核分裂片の質量数収率分布を重イオンどうしの衝突で生じる2)多核子移行反応によって取得する新たな方法の開発に成功するとともに、3)動力学モデルで実験データを再現することに成功しました。
※ くわしくはこちらをご確認ください。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別