このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • 研究
  • クリプトキラリティーを有する光学活性有機発光体の円偏光発光(CPL)に成功!近畿大学大学院総合理工学研究科准教授・今井喜胤と学生等による研究成果!

研究

クリプトキラリティーを有する光学活性有機発光体の円偏光発光(CPL)に成功!近畿大学大学院総合理工学研究科准教授・今井喜胤と学生等による研究成果!

「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」(代表:理工学部応用化学科教授 藤原 尚)プロジェクトにおいて、総合理工学研究科 尼子智之君、中林和樹君、今井喜胤等の研究グループは、クリプトキラリティーを有する光学活性有機発光体の円偏光発光(CPL)に成功しました。これにより、有機発光体に不斉情報を暗号化・隠し、光でその暗号を取り出すことに成功しました。その成果は、RSC(Royal Society of Chemistry/英国王立化学会)のChemComm誌に掲載されInside Backcover Pictureに採用されました。
DOI: 10.1039/C5CC01465D. 11079654_869684559741562_3534279671621765253_n.jpg 論文タイトル:Pyrene Magic: Chiroptical Enciphering and Deciphering 1,3-Dioxolane Bearing Two Wirepullings to Drive Two Remote Pyrenes

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別