このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • 研究
  • 応用化学科 今井喜胤講師・須藤篤准教授らの研究成果が、英国王立化学会のOrganic & Biomolecular Chemistry誌に掲載され、Inside Cover Pictureに採用されました

研究

応用化学科 今井喜胤講師・須藤篤准教授らの研究成果が、英国王立化学会のOrganic & Biomolecular Chemistry誌に掲載され、Inside Cover Pictureに採用されました

「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」(代表:理工学部応用化学科教授 藤原 尚)プロジェクトにおいて、応用化学科 今井喜胤講師・須藤篤准教授等の研究グループは、米糠由来のイノシトール系高分子に発光性化合物をドープすることにより、地球環境にやさしい円偏光発光(CPL)特性を有する発光材料を開発することに成功しました。
その成果は、RSC (Royal Society of Chemistry/英国王立化学会) のOrganic & Biomolecular Chemistry誌に掲載され、Inside Cover Pictureに採用されました。

論文タイトル:Solid-state circularly polarised luminescence of atropisomeric fluorophores embedded in achiral myo-inositol-containing polyurethanes

関連リンク

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別