このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

研究

学部生の卒業論文が米国物理学会誌に掲載

 元理学科物理学コース坂東君の卒業研究がアメリカ物理学会の論文になりました。
平成19年度 理学科物理学コース卒業の坂東将光君の卒業研究「ホロノミック量子計算の提案:ダイマー鎖モデル」がアメリカの物理学会誌Physical Review Aの論文(下図)になりました。同君は学部2年生の後半から研究室に出入りして量子コンピュータの勉強をしていました。大阪大学の大学院に進学しましたが、現在でも時々近畿大学に来て量子コンピュータに関する議論を行っています。

(理学科物理学コース 近藤康)

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別