KINKI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

トピックス

ホーム > トピックス > 発光回転方向が変わるペプチドCPL発光体を開発

発光回転方向が変わるペプチドCPL発光体を開発2018年6月18日

「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」(代表:理工学部応用化学科教授 藤原 )プロジェクトにおいて、総合理工学研究科物質系工学専攻今井研究室 味村優輝君等の研究グループ(応用化学科研究クラスター「キラリティー材料と円偏光発光(CPL)とのベストミックスフィールドの創出」)が開発した円偏光発光(CPL)特性を有する新しい光学活性ペプチド有機発光体に関する論文がWileyChemistry Select誌に掲載され、Front Cover Pictureに選ばれました。DOI: 10.1002/slct.201701315.
論文タイトル: Solvent-Sensitive Sign Inversion of Excimer Origin Circularly Polarized Luminescence in Bipyrenyl Peptides
20180618-3.jpg



PAGE TOP