このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究紹介

自動車運転を模擬するドライビングシミュレータと、コンピュータ解析や運転者のいろいろな計測によって、自動車の安全・環境・快適性を向上させる研究を行っています。

准教授 博士(エネルギー科学)

梶原 伸治(かじわら しんじ)

  • 所属 学科 / 機械工学科
  • 所属 専攻 / メカニックス系工学専攻

研究内容

専門 自動車工学、機械設計
担当科目(学部) 自動車工学、機械設計、設計製図の基礎、設計製図、基礎ゼミ1、基礎ゼミ2
担当科目(大学院) 機械機能設計特論
主な研究テーマ 自動車のコーナリング性能向上に関する研究、ドライビングシミュレータを用いた自動車の快適性向上、画像認識を用いた自動運転に関する研究、油圧装置の数値計算を用いた設計
代表的な研究業績 (1) Improvement in Steering Performance by Push-Pull Operation in Car Driving, International Journal of Automotive & Mechanical Engineering 15(1) 4919-4934 2018年3月.
(2) Effect of the check ball and inlet position on hydraulic L-shaped chek ball behavior,Journal of Fluids and Structures,Vol.48,pp.497-506 (2014).
(3) EVALUATION OF DRIVER’S MENTAL WORKLOAD BY FACIAL TEMPERATURE AND ELECTRODERMAL ACTIVITY UNDER SIMULATED DRIVING CONDITIONS,International Journal of Automotive Technology,Vol.15,No.1,pp.65-70 (2014).
研究内容・研究成果
researchmap http://researchmap.jp/read0208282
所属学協会 日本機械学会、日本自動車技術会、日本人間工学会、日本フルードパワーシステム学会、ヒューマンインタフェース学会、日本工学教育協会
学外活動 自動車技術会関西支部参与,日本自動車殿堂
出身大学 東北大学(学部、博士前期課程)
出身大学院 京都大学大学院(博士後期課程)
論文名、取得大学、取得年月 ストリップキャスターにおける主要部材の特性に関する解析的研究、京都大学、2001年3月
主な経歴 日立造船(株)技術研究所、ダイハツ工業(株)技術開発部、近畿大学講師,Visiting professor of Politecnico di Milano(2017-2018)
学生へのアドバイス 何事にも熱意を持って粘り強く取組んでほしい。よく遊びよく学んでください。
学生に薦めたい書物 エリヤフ・ゴールドラット、ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か、ダイヤモンド社
趣味・その他 ドローン、写真、バックパック、スキー、バイク、プロレス、ヘビーメタル
機械機能設計研究室
教員室 38号館6階梶原准教授室
内線 5366
メールアドレス kajiwara(at)mech.kindai.ac.jp
  • ※ 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL http://www.mec.kindai.ac.jp/mech/lab/kajiwara/index.htm
教員・研究紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別