教員紹介

原 雄大

原 雄大
助教
所属 薬学部 創薬科学科
学位 博士(薬科学)
専門 中枢神経系薬理学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 自閉症モデルマウスを用い、自閉症の病態発現の解明ならびに治療戦略の開発に向けた研究を行ってきました。
リサーチマップ https://researchmap.jp/hara-yuta
メールアドレス hara@phar.kindai.ac.jp

細胞生物学研究室

学歴/経歴

学歴

  • 2013年4月 - 2017年3月
    大阪大学大学院 薬学研究科 創成薬学専攻 博士後期課程
  • 2011年4月 - 2013年3月
    大阪大学大学院 薬学研究科 創成薬学専攻 博士前期課程
  • 2007年4月 - 2011年3月
    大阪大学 薬学部 薬科学科

経歴

  • 2017年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部 創薬科学科
  • 2013年4月 - 2016年3月
    日本学術振興会 特別研究員DC1

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 生物系薬学, 中枢神経系

研究キーワード

癌, 抗体治療, 精神神経疾患, 薬理学

論文

  1. A CCR4 antagonist ameliorates atopic dermatitis-like skin lesions induced by dibutyl phthalate and a hydrogel patch containing ovalbumin.
    Matsuo K, Hatanaka S, Kimura Y, Hara Y, Nishiwaki K, Quan YS, Kamiyama F, Oiso N, Kawada A, Kabashima K, Nakayama T
    Biomedicine & pharmacotherapy  109  1437-1444  2019年1月  [査読有り]
  2. Anti-tumor effects of antibodies to L-type amino-acid transporter 1 (LAT1) bound to human and monkey LAT1 with dual avidity modes.
    Ueda S, Hayashi H, Miyamoto T, Abe S, Hirai K, Matsukura K, Yagi H, Hara Y, Yoshida K, Okazaki S, Tamura M, Abe Y, Agatsuma T, Niwa SI, Masuko K, Masuko T
    Cancer science  110  (2)  674-685  2018年12月  [査読有り]
  3. Ascorbic acid derivative DDH-1 ameliorates psoriasis-like skin lesions in mice by suppressing inflammatory cytokine expression.
    Kitahata K, Matsuo K, Hara Y, Naganuma T, Oiso N, Kawada A, Nakayama T
    Journal of pharmacological sciences  138  (4)  284-288  2018年12月  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. 癌遺伝子産物HER3とMETを標的とした革新的ヒト大腸癌治療に向けた研究 , 山崎 晶貴、原 雄大、三宅 陸斗、益子 高 , 日本薬学会第139年会 , 2019年3月
  2. 豊かな環境飼育は胎仔期バルプロ酸曝露マウスの自閉症様行動を抑制する , 田熊 一敞、山口 浩史、原 雄大、吾郷 由希夫、喜多 恵利加、長谷部 茂、中澤 敬信、橋本 均、松田 敏夫 , 第92回日本薬理学会年会 , 2019年3月
  3. 妊娠マウスへのバルプロ酸投与は胎仔脳においてmiR-132を増加させる , 中澤 敬信、原 雄大、吾郷 由希夫、喜多 恵利加、長谷部 茂、橋本 均、松田 敏夫、田熊 一敞 , 第92回日本薬理学会年会 , 2019年3月

MORE

MISC

  1. ASCT2アミノ酸トランスポーターに対するモノクローナル抗体作製とその抗腫瘍活性の評価 , 原雄大, 南侑志, 吉本蒼司, 益子高 , 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) , 138th , ROMBUNNO.26PA‐pm193 , 2018年 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201802215318404329
  2. 前頭葉を標的とする自閉症スペクトラム障害の新たな治療戦略の可能性 , 田熊一敞, 田熊一敞, 田熊一敞, 原雄大, 原雄大, 吾郷由希夫, 橋本均, 橋本均, 橋本均, 橋本均, 中澤敬信, 中澤敬信, 松田敏夫 , 日本臨床精神神経薬理学会プログラム・抄録集 , 28th , 130 , 2018年 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201802228011620466
  3. 神経可塑性と精神疾患 2.発育期環境要因による神経精神疾患発症の制御 , 田熊一敞, 田熊一敞, 吾郷由希夫, 原雄大, 長谷部茂, 中澤敬信, 中澤敬信, 橋本均, 橋本均, 橋本均, 松田敏夫 , 日本生物学的精神医学会誌 , 28 , 1 , 22‐26 , 2017年3月25日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702265980255383

MORE

受賞

  1. 2018年12月, 平成30年度日本薬学会近畿支部奨励賞,