教員紹介

武田 朋也

武田 朋也
助教
所属 薬学部 医療薬学科
学位 修士(医学)
専門 薬物治療学
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント がん治療に関する研究を行っております。がんのメカニズムを解明し、がんに特有な変異やシグナル伝達系を標的とした新たな治療法の開発に取り組んでいます。
リサーチマップ https://researchmap.jp/tomoya
メールアドレス takeda@phar.kindai.ac.jp

薬物治療学研究室

学歴/経歴

学歴

  • 2009年4月 - 2011年3月
    神戸大学 大学院医学研究科

経歴

  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部 助教
  • 2014年4月 - 2018年3月
    近畿大学 薬学部 助手

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬理学

研究キーワード

論文

  1. Overactivation of Akt Contributes to MEK Inhibitor Primary and Acquired Resistance in Colorectal Cancer Cells.
    Tsubaki M, Takeda T, Noguchi M, Jinushi M, Seki S, Morii Y, Shimomura K, Imano M, Satou T, Nishida S
    Cancers  11  (12)  2019年11月  [査読有り]
  2. Inhibition of HSP90 overcomes melphalan resistance through downregulation of Src in multiple myeloma cells.
    Tabata M, Tsubaki M, Takeda T, Tateishi K, Maekawa S, Tsurushima K, Imano M, Satou T, Ishizaka T, Nishida S
    Clinical and experimental medicine  2019年10月  [査読有り]
  3. Combination therapy with dacarbazine and statins improved the survival rate in mice with metastatic melanoma.
    Tsubaki M, Takeda T, Obata N, Kawashima K, Tabata M, Imano M, Satou T, Nishida S
    Journal of cellular physiology  234  (10)  17975-17989  2019年8月  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. Dimethyl fumarate suppresses the tumor growth and metastasis through suppression of NF-kappaB. , Tomoya Takeda, Masanobu Tsubaki, Ryota Asano, Keishi Kawashima, Mitsuki Tabata, Shozo Nishida , The 77th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association , 2018年
  2. Dimethyl fumarate によるNF-κB 阻害を介した悪性黒色腫での抗腫瘍効果. , 武田朋也, 椿正寛, 浅野良太, 川島啓司, 西田升三 , 第68回日本薬学会近畿支部総会・大会 , 2018年
  3. Dimethyl fumarateによるNF-κB核移行阻害を介した悪性黒色腫での腫瘍増殖・転移抑制効果. , 武田朋也, 椿正寛, 浅野良太, 川島啓司, 田畑光希, 西田升三 , 第22回日本がん分子標的治療学会学術集会 , 2018年

MORE

特許

  1. 慢性骨髄性白血病の治療用組成物 , 西田 升三, 椿 正寛, 武田 朋也, 西尾 和人, 中山 隆志, 坂井 和子, 駒居 真紀子, 小野 優里, 深松 真衣