教員紹介

益子 高

益子 高
教授
所属 薬学部 創薬科学科
薬学研究科
薬学総合研究所
学位 薬学博士
専門 癌免疫
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント 分子標的医薬品、特に、抗体医薬品の開発研究を行っています。癌幹細胞の機能解析や癌ペプチドワクチンも研究課題です。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>

●2016/10/18
 日経新聞
 がん抗体について
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0168813
メールアドレス masuko@phar.kindai.ac.jp

細胞生物学研究室

学歴/経歴

学歴

  • - 1982年
    東北大学 薬学研究科 薬学
  • - 1977年
    東北大学 薬学部 薬学

研究活動情報

研究分野

  • 腫瘍学, 腫瘍生物学
  • 生物科学, 細胞生物学
  • 薬学, 生物系薬学
  • 基礎医学, 免疫学

研究キーワード

抗体医薬品, モノクローナル抗体, 癌抗原, 癌遺伝子, トランスポーター, 癌幹細胞, 癌免疫

論文

  1. Inhibition of tumor formation and metastasis by a monoclonal antibody against lymphatic vessel endothelial hyaluronan receptor 1.
    Hara Y, Torii R, Ueda S, Kurimoto E, Ueda E, Okura H, Tatano Y, Yagi H, Ohno Y, Tanaka T, Masuko K, Masuko T
    Cancer science  2018年7月  [査読有り]
  2. Promotion of malignant phenotype after disruption of the three-dimensional structure of cultured spheroids from colorectal cancer.
    Piulats JM, Kondo J, Endo H, Ono H, Hagihara T, Okuyama H, Nishizawa Y, Tomita Y, Ohue M, Okita K, Oyama H, Bono H, Masuko T, Inoue M
    Oncotarget  9  (22)  15968-15983  2018年3月  [査読有り]
  3. Negative regulation of amino acid signaling by MAPK-regulated 4F2hc/Girdin complex.
    Weng L, Han YP, Enomoto A, Kitaura Y, Nagamori S, Kanai Y, Asai N, An J, Takagishi M, Asai M, Mii S, Masuko T, Shimomura Y, Takahashi M
    PLoS biology  16  (3)  e2005090  2018年3月  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出 , 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 森浦展行, 益子 高 , 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良) , 2002年7月
  2. ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出 , 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 森浦展行, 岩崎健太, 畑太一, 益子 高 , 日本農芸化学関西支部大会(奈良) , 2002年10月
  3. ヒアルロン酸オリゴマーとヒアルロン酸結合性タンパク質との相互作用解析   分子サイズと相互作用の関係    , 掛樋 一晃, 木下 充弘, 林友典, 益子 高 , 日本薬学会第123年会(長崎) , 2003年3月

MORE

MISC

  1. UVレーザー搭載フローサイトメーター(BDLSR)を用いた多重染色解析-アミノ酸トランスポーターCD98の発現を中心に- , Cytometry Research , 12, 65-72 , 2002年
  2. Phage display cloning and characterization of monoclonal antibody genes and recombinant Fab fragment against the CD98 oncoprotein , Jpn. J. Cancer Res. , 92, 1313-1321 , 2001年
  3. FK506(タクロリムス)連続投与によるマウス小腸上皮細胞の形態的及び 機能的変化 -UV励起アルカリ性フォスファターゼ基質ELF97 phoshateのflow cytometryへの応用- , Cytometry Research , 14, 41-46 , 2004年

特許

  1. 抗腫瘍剤 , 益子 高、丹羽眞一郎、進藤孝之、押野太智、佐谷秀行、永野修、石本崇胤 , 特許第6041333号

受賞

  1. 1987年, 日本薬学会東北支部奨励賞,

競争的資金

  1. 癌細胞に対するモノクローナル抗体の作成と応用研究
  2. 癌関連タンパク・遺伝子の機能解析
  3. 抗癌抗体医薬品開発を目指した基礎研究