教員紹介

髙崎 輝恒

髙崎 輝恒
講師
所属 薬学部 創薬科学科
学位 博士(理学)
専門 分子生物学
ジャンル 科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメント 疾患や発生現象に関わる遺伝子発現制御メカニズムを、
線虫C.elegansや分裂酵母、ヒトのがん細胞を実験材料に用いて、多方面から解析しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/7000004010
メールアドレス takasaki@phar.kindai.ac.jp

分子医療・ゲノム創薬学研究室

学歴/経歴

学歴

  • - 2007年3月
    神戸大学 大学院自然科学研究科博士課程後期課程生命科学専攻修了

研究活動情報

論文

  1. Distinct Roles of Two Histone Methyltransferases in Transmitting H3K36me3-Based Epigenetic Memory Across Generations in <i>Caenorhabditis elegans</i>.
    Kreher J, Takasaki T, Cockrum C, Sidoli S, Garcia BA, Jensen ON, Strome S
    Genetics  2018年9月  [査読有り]
  2. Distinct modes of stress granule assembly mediated by the KH-type RNA-binding protein Rnc1.
    Satoh R, Hara N, Kawasaki A, Takasaki T, Sugiura R
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms  2018年7月  [査読有り]
  3. More than Just an Immunosuppressant: The Emerging Role of FTY720 as a Novel Inducer of ROS and Apoptosis.
    Takasaki T, Hagihara K, Satoh R, Sugiura R
    Oxidative medicine and cellular longevity  2018  4397159  2018年  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. 新規ERKシグナル調節薬ACA-28が多様なERK活性化癌細胞に対してERK依存的細胞死を引き起こす分子機構についての解析 , 田直弥, 佐藤亮介, 高崎輝恒, 田邉元三, 杉浦麗子 , 第136回日本薬理学会近畿部会 , 2019年11月23日
  2. オートファジー関連因子Atg1のMAPK経路およびCa2+/カルシニューリンシグナル制御因子としての新たな働き , 嶋田絵理香, 佐藤亮介, 高崎輝恒, 杉浦麗子 , 第136回日本薬理学会近畿部会 , 2019年11月23日
  3. 新規抗がん剤候補化合物ACA-28依存的なアポトーシス誘導機構におけるMAPK Phosphatase DUSP6の役割 , 水野綾美, 宮本理穂, 神田勇輝, 佐藤亮介, 高崎輝恒, 杉浦麗子 , 第136回日本薬理学会近畿部会 , 2019年11月23日

MORE

競争的資金

  1. 科学研究費補助金/若手研究(B), 転写伸長促進機構を分子基盤とした生殖細胞の特性形成メカニズム
  2. 科学研究費補助金/若手研究(B), クロマチン修飾制御を介した生殖細胞特性の形成・維持メカニズム