教員紹介

鈴木 茂生

鈴木 茂生
教授/学部長補佐
所属 薬学部 創薬科学科
薬学研究科
薬学総合研究所
学位 博士(薬学)
専門 構造分子科学
ジャンル 科学・技術/新技術
コメント 微量の生体成分を選択的に高感度で検出するための方法を開発しています。血液や体液などの生体試料に含まれる医薬品、タンパク質、特に糖質などの解析方法を主な研究分野としています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0034063
メールアドレス suzuki@phar.kindai.ac.jp

薬品分析学研究室

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬系分析、物理化学

研究キーワード

高感度分析, 複合糖質, 液体クロマトグラフィー, 電気泳動, 分離分析, 分析化学, glycoconjugates, sensitive detection, electrophoresis, liquid chromatography, 糖分析, キャピラリー電気泳動

論文

  1. A fast and convenient solid phase preparation method for releasing N-glycans from glycoproteins using trypsin- and peptide-N-glycosidase F (PNGase F)-impregnated polyacrylamide gels fabricated in a pipette tip.
    Sachio Yamamoto, Maki Ueda, Masataka Kasai, Yusuke Ueda, Mitsuhiro Kinoshita, Shigeo Suzuki
    Journal of pharmaceutical and biomedical analysis  179  112995-112995  2020年2月5日  [査読有り]
  2. Analysis of 2-aminobenzoic acid-labeled monosaccharides and glycoprotein-derived oligosaccharides by online cleanup liquid chromatography in the reversed-phase and hydrophilic interaction liquid chromatography modes.
    Yamamoto S, Hayashi Y, Matsunaga H, Okada F, Kinoshita M, Suzuki S
    Chromatography  40  65-70  2019年  [査読有り]
  3. High-throughput analysis of glycoprotein-derived glycans by using automated microchip electrophoresis system.
    Kinoshita M, Yamamoto S, Suzuki S
    Electrophoresis Letter  63  47-54  2019年  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 試料分析講座 糖質分析 , 日本分析化学会 , 共著 , 丸善書店 , 2019年6月
  2. パートナー分析化学Ⅱ改訂第三版 , 共著 , 表面プラズモン共鳴法 , 南江堂 , 2017年1月
  3. スタンダード薬学シリーズII 物理系薬学II.化学物質の分析 , 日本薬学会 , 共著 , 第7章 電気泳動法 , 東京化学同人 , 2016年4月

MORE

講演・口頭発表等

  1. サイズ排除型マイクロチップの作製とタンパク質の特異的オンライン濃縮への応用 , 前谷一仁, 上田裕介, 福山実里, 山本佐知雄, 木下充弘, 鈴木茂生 , 第38回キャピラリー電気泳動シンポジウム , 2018年12月5日
  2. 8-Aminopyrene-1,3,6-trisulfonic acid標識化ガン細胞由来糖鎖の新規構造解析法の開発 , 中住智典, 山本佐知雄, 木下充弘, 鈴木茂生 , 第38回キャピラリー電気泳動シンポジウム , 2018年12月5日
  3. PDMS-ガラス製ハイブリッドマイクロチップと光硬化性アクリルアミドゲルを用いるリン酸化化合物のオンライン濃縮・標識マイクロチップ電気泳動法の開発 , 矢野祥子, 増田誠子, 山本佐知雄, 木下充弘, 鈴木茂生 , 第38回キャピラリー電気泳動シンポジウム , 2018年12月5日

MORE

MISC

  1. ヘテロ環アゾ化合物-金属錯体を用いたシアン化物イオンの選択的比色分析 , 森川 泰裕, 八坂 直幸, 岡田 悠登, 井田 博之, 塩見 和孝, 西脇 敬二, 仲西 功, 鈴木 茂生, 京都府警科, 近畿大薬 , 日本分析化学会第68年会要旨集P3137 , 2019年9月
  2. Quick Analysis of Nitrosamines by Micellar Electrokinetic Chromatography , Atsushi TAGA, Yuri OURA, Shigeo SUZUKI, Keito BOKI, Susumu HONDA , Journal of Oleo Sciences , 55 , 11 , 573 , 577 , 2006年
  3. A novel polybrene/chondroitin sulfate C double coated capillary and its application in capillary electrophoresis , YX Du, S Honda, A Taga, WY Liu, S Suzuki , CHINESE JOURNAL OF CHEMISTRY , 20 , 12 , 1557 , 1565 , 2002年12月 , https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=12144266103&origin=inward
    概要:A new capillary coated by double Polymer, polybrene/chondroitin sulfate C (P/CC), was developed using a simple procedure. The P/CC double coated capillary showed long lifetime, strong chemical stability and good reproducibility. It endured during more than 100 replicated analyses and was also tolerant to HCl (1 mol/L), NaOH (0.01 mol/L), CH3OH and CH3CN. The P/CC double coated capillary can be applied to basic drug analyses. The adsorption of basic drugs to the capillary wall was suppressed and the peak tailing greatly decreased. The use of the P/CC double coated capillary allowed excellent separation of the enantiomers of some basic drugs by using chondroitin sulfate C as the chiral selector, mid the peak symmetry of bade drugs was further improved under these conditions.

MORE

特許

  1. 糖たん白質糖鎖の分析方法及び非標識糖鎖の製造方法 , 掛樋 一晃, 鈴木 茂生, 鴨田 聡, 中の三弥子

受賞

  1. 2017年11月, 日本分析化学会電気泳動分析研究懇談会, 寺部茂賞, キャピラリー電気泳動ならびに周辺技術の糖鎖分析へ応用
  2. 2013年12月, Analytical Sciences, Hot Article Award, Analytical Sciences, Recent Development in Liquid Chromatography and Capillary Electrophoresis for the Analysis of Glycoprotein Glycans
  3. 2013年10月, クロマトグラフィー科学会, クロマトグラフィー科学会学会賞, 複合糖質糖鎖の高感度高機能分離分析法の開発

MORE

競争的資金

  1. 厚生労働省, 平成28年度科学研究費, キャピラリーアレー型アフィニティー電気泳動による糖タンパク質糖鎖の迅速分析
  2. 糖タンパク質糖鎖の分析法の開発
  3. 糖タンパク質糖鎖とタンパク質の相互作用の研究

MORE