教員紹介

松野 純男

松野 純男
教授
所属 薬学部 医療薬学科
学位 博士(薬学)
専門 医療・臨床統計学
ジャンル 医療・健康/薬と社会
コメント 臨床検査値やアンケートを統計学的に解析することで、患者さんに最適な医療のあり方とは何かを研究しています。医療における「数値」にだまされない、客観的な判断を心がけています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0190658
メールアドレス smatzno@phar.kindai.ac.jp

教育専門部門

学歴/経歴

学歴

  • 1988年4月 - 1990年3月
    大阪大学大学院 薬学研究科 応用薬学
  • 1984年4月 - 1988年3月
    大阪大学 薬学部 薬学科

経歴

  • 2004年4月 - 2010年3月
    武庫川女子大学 薬学部 准教授
  • 2003年3月 - 2004年3月
    ノースウェスタン大学 医学部 客員研究員
  • 1990年4月 - 1997年8月
    株式会社ミドリ十字 中央研究所
  • 1997年9月 - 2004年3月
    武庫川女子大学 薬学部 講師
  • 2010年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部 教授
  • 1992年4月 - 1994年3月
    近畿大学 医学部 特別研究生

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 医療系薬学
  • 情報学, 統計科学
  • 薬学, 生物系薬学
  • 薬学, 医療系薬学
  • 境界医学, 応用薬理学

研究キーワード

メタボリック症候群, レプチン, PPARγ, ストレスマーカー, 細胞分化, 脂肪細胞分化, 第2世代抗精神病薬, 臨床薬学, 医療・福祉, ビタミンK3, 癌, 細胞周期調節, 酵素, CDC25フォスファターゼ, 新規抗癌剤, シグナル伝達, 細胞・組織, 医療系薬学, 生物系薬学

論文

  1. 診療報酬の変化から見える医療における薬剤師の役割に関する検討
    村瀬 惇, 北小路 学, 大鳥 徹, 松野 純男
    薬局薬学  11  (2)  165-172  2019年10月  [査読有り]
  2. 婦人科悪性腫瘍におけるパクリタキセル・カルボプラチン療法での後発品製剤安全性の検討
    藤本伸一郎,柳江正嗣,淺野肇,武田朋也,椿正寛,藤原季美子,月岡康行,松野純男,森嶋祥之,西田升三
    ジェネリック研究  12  (2)  74-79  2018年12月  [査読有り]
  3. 統合失調症患者における抗精神病薬の副作用発現因子に関する検討
    松浦 正佳, 阪口 寛子, 高蓋 由美子, 竹中 凛代, 大鳥 徹, 松野 純男, 岩城 正宏, 北小路 学, 東 司
    薬局薬学  10  (1)  148-155  2018年4月 

MORE

書籍等出版物

  1. PRACTICAL薬学統計解析(第2版) , 松野 純男 , 単著 , 京都廣川書店 , 2017年3月
  2. 薬学生・薬剤師のための基礎統計学 , 松野 純男, 棚橋 浩太郎 , 共著 , ムイスリ出版 , 2016年10月4日
  3. 薬学領域の放射科学 , 飯田 靖彦, 中西 徹, 上田 真史, 佐治 英郎 , 廣川書店 , 2015年

MORE

講演・口頭発表等

  1. 多職種連携における医療・介護従事者のコミュニケーション能力向上のためのアンガーマネジメント研修 , 高橋直子, 高橋直子, 高橋直子, 松野純男, 伊藤栄次 , 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) , 2019年
  2. 地域の多職種連携における医療・介護従事者のコミュニケーション能力向上のためのアンガーマネジメント研修 , 高橋直子, 高橋直子, 高橋直子, 松野純男, 伊藤栄次 , 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集 , 2019年
  3. 学校での心臓突然死を防ぐための小中校生および教職員を対象とした一次救命処置教育と小学校救命ラリー教育 , 高橋直子, 高橋直子, 高橋直子, 岸田洋平, 岸田洋平, 野村順二, 笹山周平, 保坂恵里奈, 安東貞喜, 安東貞喜, 竹内あずさ, 竹内あずさ, 松野純男, 伊藤栄次 , 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集 , 2019年

MORE

競争的資金

  1. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 第2世代抗精神病薬投与時におけるメタボリック症候群誘発機序の解明 , 松野 純男
  2. 医薬品による筋障害発症機構の解明
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), CDC25フォスファターゼを阻害するビタミンK3誘導体の新規抗癌薬としての評価 , 松山 賢治

MORE