教員紹介

坪田 真帆

坪田 真帆
講師
所属 薬学部 医療薬学科
学位 博士(薬学)
専門 薬理学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 内臓痛に関わる分子について研究しています。内臓痛の発現メカニズムは非常に複雑で未解明な点が数多く残されています。発現メカニズムを解明し、新たな治療法を確立することを目指しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/maho
メールアドレス maho@phar.kindai.ac.jp

病態薬理学研究室

学歴/経歴

経歴

  • 2015年
    近畿大学 薬学部 助教

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 薬理系薬学
  • 境界医学, 応用薬理学
  • 境界医学, 疼痛学

研究キーワード

膀胱痛, 痛み, 硫化水素, サブスタンスP, 炎症, 内因性ガス, T型Ca^<2+>チャネル, ガスメッセンジャー, 膀胱炎, 膀胱炎症, 硫化水素合成酵素, 一次知覚神経, 神経因性炎症, プロテインキナーゼA, Cav3.2, 神経突起, PKA, イオンチャネル, カルシニューリン, 薬理学

論文

  1. Dietary ascorbic acid restriction in GNL/SMP30-knockout mice unveils the role of ascorbic acid in regulation of somatic and visceral pain sensitivity.
    Tsubota M, Uebo K, Miki K, Sekiguchi F, Ishigami A, Kawabata A
    Biochemical and biophysical research communications  511  (3)  705-710  2019年4月  [査読有り]
  2. NNC 55-0396, a T-type calcium channel blocker, protects against the brain injury induced by middle cerebral artery occlusion and reperfusion in mice.
    Matsuda S, Nishikawa H, Fukatsu A, Kurokawa Y, Tsubota M, Sekiguchi F, Tokuyama S, Kawabata A
    Journal of pharmacological sciences  2019年2月  [査読有り]
  3. Critical role of Ca<sub>v</sub>3.2 T-type calcium channels in the peripheral neuropathy induced by bortezomib, a proteasome-inhibiting chemotherapeutic agent, in mice.
    Tomita S, Sekiguchi F, Deguchi T, Miyazaki T, Ikeda Y, Tsubota M, Yoshida S, Nguyen HD, Okada T, Toyooka N, Kawabata A
    Toxicology  413  33-39  2019年2月  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. Dietary ascorbic acid restriction in GNL/SMP30-knockout mice unveils the role of ascorbic acid in regulation of Cav3.2-dependent pain. , Kawabata, A., Tsubota, M., Uebo, K., Miki, K., Sekiguchi, F., Ishigami, A. , 11th Congress of the European Pain Federation EFIC (2019 Pain in Europe XI), , 2019年9月4日
  2. 6-Prenylnaringenin and its derivative, KTt45, are mixed T-type Ca2+ channel inhibitors/CB2 receptor agonists: antinociceptive activity in neuropathic and visceral pain models. , Sekiguchi, F., Kasanami, Y., Onishi, R., Tsubota, M., Miyazaki, T., Hiramoto, S., Okazaki, K., Nguyen, H.D., Okada, T., Toyooka, N., Yoshida, S., Ohkubo, T., Kawabata, A. , 11th Congress of the European Pain Federation EFIC (2019 Pain in Europe XI), , 2019年9月4日
  3. Critical role of Cav3.2 T-type calcium channels in H2S-dependent somatic and visceral pain signaling in mice. , Matsui, K., Fukushi, S., Koike, N., Yamagata, A., Tsubota, M., Mukai, Y., Oita, A., Takada, M., Kawabata, A. , 11th Congress of the European Pain Federation EFIC (2019 Pain in Europe XI), , 2019年9月4日

MORE

MISC

  1. 内臓痛におけるマクロファージ由来HMGB1の役割と治療標的分子としての可能 , 坪田 真帆, 川畑 篤史 , PAIN RESEARCH , 34 , 1 , 24 , 30 , 2019年3月
    概要:これまでの研究により、マクロファージ由来核内蛋白high mobility group box1(HMGB1)は多様な内臓痛の発症に関与する他、癌化学療法の副作用として生じる有痛性末梢神経障害の発症に重要な役割を果たすことが明らかになっている。すなわち、HMGB1は免疫細胞と神経細胞のクロストークを媒介する分子として、難治性疼痛の発症に深く関わっていると思われる。膀胱、膵臓、大腸などにおける内臓痛へのHMGB1の関与に焦点を絞り概説した。
  2. 活性硫黄種の新展開-硫化水素から過硫化物まで- 内臓痛発現における硫化水素および過硫化物の役割 , 坪田 真帆, 川畑 篤史 , 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 , 91回 , [1S06p , 04] , 2018年9月
  3. 急性および慢性術後痛におけるHMGB1の役割 , 川端 柚希, 林 愛理沙, 坪田 真帆, 中武 ゆい, 辻田 隆一, 関口 富美子, 西堀 正洋, 川畑 篤史 , PAIN RESEARCH , 33 , 2 , 139 , 139 , 2018年6月

MORE