教員紹介

三田村 邦子

三田村 邦子
准教授
所属 薬学部 医療薬学科
薬学研究科
学位 博士(薬学)
専門 臨床分析化学
ジャンル 医療・健康/薬と社会
コメント 生体内分子や薬物の代謝物の信頼性の高い測定法について研究しています。「分子の目で病態をみる」をキーワードに、病因の解明、病気の診断や薬物の適正使用に貢献することを目指しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0046446
メールアドレス mitamura@phar.kindai.ac.jp

病態分子解析学研究室

学歴/経歴

学歴

  • - 1990年
    金沢大学 薬学部 製薬化学科

経歴

  • 2009年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部 准教授
  • 2005年4月 - 2009年3月
    近畿大学 薬学部 講師
  • 1995年4月 - 2005年3月
    金沢大学 薬学部 助手
  • 1992年4月 - 1995年3月
    金沢大学 薬学部 教務職員

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 物理系薬学
  • 薬学, 医療系薬学
  • 薬学, 物理系薬学

研究キーワード

システイン, MS, LC, 胆汁酸, エレクトロスプレーイオン化, グルタチオン, N-アセチルシステイン, 前立腺癌, LC-MS, サルフェート, デヒドロエピアンドロステロンサルフェート, ラット, 硫酸抱合, ビタミンD, 誘導体化, グルタチオン抱合体, 脳内ステロイドホルモン, ラット胆汁, ラット脳, プロドラッグ

論文

  1. A Method for Quantification of Tetrahydroglucocorticoid Glucuronides in Human Urine by LC/MS/MS with Isotope-coded Derivatization.
    Matsumoto T, Yamazaki W, Jo A, Ogawa S, Mitamura K, Ikegawa S, Higashi T.
    Analytical Sciences  34  (9)  1003-1009  2018年6月  [査読有り]
  2. Collagen peptides from soft‑shelled turtle induce calpain‑1 expression and regulate inflammatory cytokine expression in HaCaT human skin keratinocytes.
    Yamamoto T, Nakanishi S, Mitamura K, Taga A
    International journal of molecular medicine  42  (2)  1168-1180  2018年5月  [査読有り]
  3. Proteomic profile of the lens in a streptozotocin-induced diabetic rat model using shotgun proteomics.
    Nagai N, Yamamoto T, Mitamura K, Taga A
    Biomedical reports  7  (5)  445-450  2017年11月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 薬学生のための臨床化学 改訂第4版 , 池川繁男、三田村 邦子 , 分担執筆 , 第1章 1-6 c.その他 pp.49-55 , 南江堂 , 2015年9月
  2. 分析化学便覧 改訂6版 , 東 達也, 三田村 邦子 , 分担執筆 , ステロイド、胆汁酸 , 丸善 , 2011年12月
  3. 試料分析講座 脂質分析 , 池川 繁男, 三田村 邦子 , 分担執筆 , 酸化コレステロールと胆汁酸の分析 , 丸善出版 , 2011年12月

MORE

講演・口頭発表等

  1. C/MSによる玄米米糠麹中グルコシルセラミド同定・定量法の開発 , 三田村 邦子, 上野 光穂, 内海 裕子, 日野 美紀, 村井 勇太, 門出 健次, 山本 哲志, 多賀 淳, 根本 英幸, 池川 繁男 , 日本薬学会第139年会 , 2019年3月23日
  2. キャピラリー電気泳動による糖鎖重合度決定法の開発 , 佐藤 完太, 山本 哲志, 三田村 邦子, 多賀 淳 , 2019年3月21日
  3. キャピラリー電気泳動による酸性多糖の分析法の開発 , 奥野 人美, 山本 哲志, 三田村 邦子, 多賀 淳 , 日本薬学会第139年会 , 2019年3月21日

MORE

MISC

  1. ショットガンプロテオミクス解析を用いた糖尿病白内障要因の解析 , 大竹裕子, 山本哲志, 三田村邦子, 多賀淳, 長井紀章 , 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) , 138th , ROMBUNNO.26PA‐pm325 , 2018年 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201802224797816915
  2. プロテオーム解析によるすっぽんコラーゲンのヒト皮膚角化細胞への影響の検討 , 山本哲志, 中西紗緒理, 三田村邦子, 多賀淳 , 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) , 138th , ROMBUNNO.27PA‐am384 , 2018年 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201802225198127089
  3. LC/MS/MSによる乾燥尿ろ紙中抱合型テトラヒドロコルチコステロイド定量法の開発 , 三田村邦子, 森莉子, 上田麻美子, 亀井美希, 池川繁男 , 臨床化学 , 46 , 294 , 2017年9月 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702268578829950

MORE

受賞

  1. 2008年, 日本臨床化学会, 日本臨床化学会 学術賞, 液体クロマトグラフィー/質量分析法による内分泌代謝疾患の科学診断へのアプローチ
  2. 2008年, 日本医用マススペクトル学会, 日本医用マススペクトル学会奨励賞, LC/MSによる胆汁酸のグルタチオン抱合に関する研究
  3. 2000年, 第11回クロマトグラフィー科学会奨励賞,

競争的資金

  1. ソフトイオン化質量分析法を基盤とする乾燥ろ紙尿中ステロイドの臨床検査法の開発 , 三田村 邦子
  2. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 胆汁酸を核化合物とする新規プロドラッグの創製 , 三田村 邦子
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), グルタチオン抱合型胆汁酸の生成と代謝機構に関する研究 , 三田村 邦子

MORE