教員紹介

松尾 一彦

松尾 一彦
講師
所属 薬学部 医療薬学科
学位 博士(薬学)
専門 化学療法学
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント 細胞遊走制御因子ケモカインは感染症や癌の病態発症に重要な役割を果たすことが知られています。私達はケモカイン系を標的とした感染症や癌に対する新規創薬・ワクチンの開発を目指しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/kmatsuo
メールアドレス matsuo@phar.kindai.ac.jp

化学療法学研究室

学歴/経歴

経歴

  • 2017年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部医療薬学科 講師
  • 2012年4月 - 2017年3月
    近畿大学 薬学部医療薬学科 助教
  • 2011年4月 - 2012年3月
    大阪大学 薬学研究科(研究院) 特任研究員

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 感染症内科学
  • 薬学, 医療系薬学

研究キーワード

ケモカイン, 自己溶解型マイクロニードル, 経皮ワクチン, アルツハイマー病

論文

  1. CCR4 Is Critically Involved in Skin Allergic Inflammation of BALB/c Mice.
    Matsuo K, Nagakubo D, Komori Y, Fujisato S, Takeda N, Kitamatsu M, Nishiwaki K, Quan YS, Kamiyama F, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
    The Journal of investigative dermatology  138  (8)  1764-1773  2018年8月  [査読有り]
  2. A CCR4 antagonist enhances DC activation and homing to the regional lymph node and shows potent vaccine adjuvant activity through the inhibition of regulatory T-cell recruitment.
    Yamamoto S, Matsuo K, Nagakubo D, Higashiyama S, Nishiwaki K, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
    Journal of pharmacological sciences  136  (3)  165-171  2018年3月  [査読有り]
  3. CCL28-Deficient Mice Have Reduced IgA Antibody-Secreting Cells and an Altered Microbiota in the Colon.
    Matsuo K, Nagakubo D, Yamamoto S, Shigeta A, Tomida S, Fujita M, Hirata T, Tsunoda I, Nakayama T, Yoshie O
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)  200  (2)  800-809  2018年1月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 応用が拡がるDDS ― 人体環境から農業・家電まで ― , 松尾一彦、岡田直貴、中川晋作 , 共著 , エヌ・ティー・エス , 2013年7月
  2. Bio-Nanotechnology: A Revolution in Food, Biomedical and Health Sciences , Kazuhiko Matsuo, Naoki Okada, and Shinsaku Nakagawa , 共著 , Wiley-Blackwell , 2013年1月
  3. ドラッグデリバリーシステムの新展開II ― 核酸医薬・抗体医薬・ワクチン医療を支えるDDS技術 , 松尾一彦、岡田直貴、中川晋作 , 共著 , シーエムシー出版 , 2012年3月

MORE

MISC

  1. 感染症予防対策に資する経皮ワクチン製剤(貼るワクチン)の開発 , 松尾 一彦 , YAKUGAKU ZASSHI , 132 , 12 , 1443 , 1450 , 2012年 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130002489522
    概要:  The recent vigorous transnational migration of people and materials reflecting the development of transportation facilities, changes in social structure, and war disasters has increased the global spread of emerging and re-emerging infections. Once, as the 2009 pandemic influenza A (H1N1) virus, person-to-person transmission was achieved, the spread of pandemic cannot be contained in reality. Thus enhancement of the crisis-management structure against pandemic is critically important to maintain national function. On the basis of this social background, the development of vaccination, which is the only fundamental prophylaxis, is in attention, and earliest possible establishment of system that supply mass-vaccines in a short time is required. Even if, however, rapid manufacture of vaccine antigen is actualized, there are several problems that vaccine is not easily spread across the developing country and mass vaccination is not performed immediately at the time of the crisis, because conventional vaccination is performed mainly by injection. Our research group developed transcutaneous vaccine devices; a hydrogel patch and a dissolving microneedle array which delivered antigens to antigen-presenting cells in the epidermal layer. Our transcutaneous vaccination system receives a high evaluation as novel, easy-to-use, and less-invasive vaccination method against infections from home and abroad. In this review, we introduce the research progress resulted from our basic, preclinical, and clinical study for practical use.
  2. DDS枝術を基盤とした経皮ワクチン製剤の開発 , 松尾 一彦, 岡田 直貴, 中川 晋作 , Drug delivery system , 25 , 1 , 8 , 14 , 2010年1月29日 , http://ci.nii.ac.jp/naid/10026238206
    概要:皮膚の免疫機能を最大限に利用した経皮ワクチンは,注射に代わる簡便で安価かつ非侵襲的な新規ワクチン手法として期待されている.経皮ワクチンにおいては,抗原を表皮組織に存在する抗原提示細胞へと送達する基盤技術の確立が必須であり,その研究開発が精力的に行われている.<BR>本稿では,近年の経皮ワクチンデリバリー技術の研究動向についての解説を交えながら,筆者らが独自に開発した親水性ゲルパッチを用いた経皮ワクチンの研究成果について紹介する.
  3. 感染症対策に向けた次世代型ワクチン : 貼るワクチンの開発 , 松尾 一彦, 岡田 直貴, 中川 晋作 , ファルマシア , 45 , 4 , 333 , 337 , 2009年4月1日 , http://ci.nii.ac.jp/naid/10027115653

受賞

  1. 2011年, 日本薬学会近畿支部, 日本薬学会近畿支部奨励賞(医療薬), 感染症予防対策に資する経皮ワクチン製剤 (貼るワクチン) の開発
  2. 2010年, ファーマバイオフォーラム2010, 優秀発表賞,