教員紹介

石川 文洋

石川 文洋
講師
所属 薬学部 医療薬学科
学位 博士(理学)
専門 生体関連化学
ジャンル 科学・技術/化学
コメント 有機化学を基盤に酵素機能の分子メカニズムを調べています。
このような情報をもとにして、天然にはない酵素機能や機能性化合物の創出、さらに、創薬への展開を目指しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/f_ishikawa
メールアドレス ishikawa@phar.kindai.ac.jp

有機薬化学研究室

学歴/経歴

学歴

  • 2006年4月 - 2009年3月
    大阪府立大学大学院 理学系研究科
  • 2004年4月 - 2006年3月
    大阪府立大学大学院 農学研究科
  • 2000年4月 - 2004年3月
    名城大学 薬学部

経歴

  • 2017年4月 - 現在
    近畿大学 薬学部 講師
  • 2016年4月 - 2017年3月
    京都大学大学院 薬学研究科 助教 (特定) (掛谷秀昭教授)
  • 2011年12月 - 2016年3月
    京都大学学際融合教育研究推進センター 生理化学研究ユニット 助教 (特定) (掛谷秀昭教授)
  • 2010年4月 - 2011年11月
    カリフォルニア大学サンディエゴ校 生物化学科 博士研究員 (Prof. Michael D. Burkart)
  • 2009年4月 - 2010年3月
    大阪府立大学大学院 理学系研究科 博士研究員 (藤井郁雄教授)

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 生物分子化学, 生合成・天然物化学
  • ナノテク・材料, 生体化学, タンパク質・酵素化学
  • ナノテク・材料, ケミカルバイオロジー, 化学プローブ・構造活性相関

研究キーワード

ケミカルバイオロジー, 構造活性相関, 有機合成化学, タンパク質化学, 生合成, 天然物化学

論文

  1. Precise Probing of Residue Roles by NRPS Code Swapping: Mutation, Enzymatic Characterization, Modeling, and Substrate Promiscuity of Aryl Acid Adenylation Domains
    Fumihiro Ishikawa, Maya Nohara, Shinya Nakamura, Isao Nakanishi, Genzoh Tanabe
    Biochemistry DOI: 10.1021/acs.biochem.9b00748  2020年1月  [査読有り]
  2. Chemical strategies for visualizing and analyzing endogenous non ribosomal peptide synthetase (NRPS) megasynthetases
    Fumihiro Ishikawa, Genzoh Tanabe
    ChemBioChem DOI: 10.1002/cbic.201900186  2019年5月  [査読有り]
  3. Facile Synthesis of Neokotalanol, a Potent α‑glycosidase Inhibitor Isolated from the Ayurvedic Traditional Medicine “Salacia”
    Genzoh Tanabe, Satoshi Ueda, Kazuho Kurimoto, Naoki Sonoda, Shinsuke Marumoto, Fumihiro Ishikawa, Weijia Xie, Osamu Muraoka
    ACS Omega  4  7533-7542  2019年4月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 化学標識法を用いた非リボソームペプチド合成酵素の活性検出と機能解析 , 今野 翔, 石川 文洋, 掛谷 秀昭 , 日本ケミカルバイオロジー学会機関誌「ケミカルバイオロジー(Chemical Biology)」 12, 3-7 , 2019年
  2. 非リボソーム性ペプチド合成酵素の理解, 制御, 活用を目指して , 石川 文洋 , 日本ペプチド学会 Peptide Newsletter Japan, No. 105, 8-11 , 2017年7月
  3. 生合成系プロテオミクス網羅的機能解析技術を活用した非天然型機能性分子の合理的設計 , 石川 文洋 , 新学術領域研究 (研究領域提案型) 生物合成系の再設計による複雑骨格機能分子の革新的創成科学「生合成リデザイン」 NEWS LETTER NO. 2, p2 , 2017年6月

MORE

講演・口頭発表等

  1. Activity-based protein profiling of non-ribosomal peptide synthetases , Fumihiro Ishikawa , Pacifichem 2020 Reactivity and Mechanism in Chemical and Synthetic Biology (#374): Mechanism in Activity-based Protein Profiling, Enzyme Engineering and the Development of Imaging. , 2020年12月19日
  2. 矛を磨いた10年 於 大阪府大→UCSD→京都大→近畿大 , 石川 文洋 , 第6回関西薬学シンポジウム: 化学系の若い力 (延期) , 2020年6月27日
  3. タイ天然薬物 "Melodorum" 由来ブテノリド類の合成およびそのメラニン産生抑制活性評価 , 塩谷友梨, 石川文洋, 森川敏生, 二宮清文, 田邉 元三 , 日本薬学会第140年会, 京都 , 2020年3月

MORE

MISC

  1. タイ天然薬物Mammea siamensis花部クマリン成分のCYP19阻害活性 , 二宮清文, 二宮清文, LUO Fenglin, 柴谷華苗, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 石川文洋, 田邉元三, 田邉元三, 森川敏生, 森川敏生 , 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集 , 22nd , 129‐131 , 2018年10月1日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201802213440413492
  2. 4,5‐ジデヒドロアポルフィン型アルカロイドの合成およびメラニン形成抑制活性評価 , 白戸美希, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 丸本真輔, 石川文洋, 村岡修, 森川敏生, 田邉元三, 田邉元三 , 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) , 138th , 2 , ROMBUNNO.27PA‐pm093 , 186 , 2018年3月 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201802257656280994
  3. チオ糖とエポキシドとのS‐アルキル化を鍵反応に用いる“サラシア”由来,サラシノール型α‐グルコシダーゼ阻害剤の高ジアステレオ選択的合成 , 石川文洋, 神農佳澄, 薗田直樹, 村岡修, 田邉元三, 田邉元三 , 反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集 , 43rd , 74 , 2017年10月16日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702213296716806

MORE

受賞

  1. 2020年4月, 公益財団法人 野田産業科学研究所, 2020年度「野田産研研究助成」, 人工アデニル化酵素を活用したペプチド結合形成酵素の機能およびキャリアータンパク質認識機構の解明
  2. 2020年2月, ACS Biochemistry, Supplementary Cover, Precise Probing of Residue Roles by NRPS Code Swapping: Mutation, Enzymatic Characterization, Modeling, and Substrate Promiscuity of Aryl Acid Adenylation Domains
  3. 2019年, ChemBioChem (Wiley-VCH), Cover Feature, Chemical strategies for visualizing and analyzing endogenous non ribosomal peptide synthetase (NRPS) megasynthetases

MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 基盤研究 (C) (一般), NRPS異性化酵素機能を解明する共有結合型分子ツールの開発
  2. 公益財団法人 野田産業科学研究所, 2020年度「野田産研・奨励研究助成」, 人工アデニル化酵素を活用したペプチド結合形成酵素の機能およびキャリアータンパク質認識機構の解明
  3. 文部科学省, 新学術領域研究 (研究領域提案型) 「生合成リデザイン」, 大環状ペプチド人工生合成系を基盤とした生理活性中分子ライブラリーの構築

MORE