MEDIA

10/26(金)

10/26(金)「共同通信、読売新聞」 世界初! 膵臓の慢性疾患の発症メカニズムを解明 膵臓疾患治療や膵臓癌予防への応用に期待

2018.10.26

  • 新聞

近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)内科学教室(消化器内科部門)准教授の渡邉智裕らの研究グループは、膵臓の慢性疾患である「自己免疫性膵炎」と「慢性膵炎」という2つの異なる病気に共通する免疫反応の一端を、世界で初めて解明しました。本研究成果が膵臓疾患の新たな治療法の開発や膵臓癌の予防法に応用されることが期待されます
本件に関する論文が、平成30年(2018年)10月26日(金)AM1:00(日本時間)に、ライフサイエンス分野の中心的な雑誌"Cell"の発行元であるCell Pressが発行する米国科学雑誌"Trends in Immunology"にオンライン掲載されました。その旨が共同通信で配信され、読売新聞や日刊工業新聞などで掲載されました。