MEDIA

02/21(水)

2/21(水) 「読売新聞、毎日新聞」  近大キャビア 量産へ

2018.02.21

  • 新聞

2/21「読売新聞、毎日新聞」

近畿大学水産研究所新宮実験場(和歌山県新宮市)は、平成29年(2017年)12月に、ドイツからシベリアチョウザメの受精卵1万粒を入手し、ふ化した稚魚の飼育研究を開始しました
現在、7千尾ほどの稚魚が約3cmに成長し、飼育状況が安定したため、平成30年(2018年)2月20日(火)に研究の様子を報道関係者に公開しました。