TOPICS

本学学生の刑事告訴について

2019.02.07

 平成29年12月11日、本学経済学部2年生(当時)が、テニスサークル(非公認団体)の懇親会における飲酒が原因で翌12日に死亡するという事故が発生したことに関連し、同サークル所属の学生6人が保護責任者遺棄致死の疑いで、平成30年12月に刑事告訴されました。
 亡くなられた学生のご冥福をお祈りし、ご遺族には哀悼の意を表するとともに、学生6人が刑事告訴される事態となり、在学生、保護者をはじめ多くの方にご心配・ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。
 本学では、従来から飲酒マナーを記載したガイドブックの新入生全員への配布や、希望者へのアルコールパッチテスト実施など、正しいお酒の飲み方である適正飲酒についての啓発を行なってきました。そのような中で、前途ある若者の尊い命が失われてしまったことは誠に無念であり、本事故後には、未成年者やアルコールが飲めない学生のためのアルコールハラスメント防止・予防シールの配布や、酒類メーカーによる飲酒に関するセミナーの実施など、取り組みを強化しています。
 今後、再びこのような痛ましい事故を繰り返さないよう、あらためて学生への指導を徹底してまいります。

近畿大学