教員紹介

山岸 裕子
  • 山岸 裕子
  • 医学部講師
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 脳神経内科
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 末梢神経障害をはじめ免疫性神経疾患を専門としています。特にギランバレー症候群の研究に従事しています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/yyamagishi

学歴/経歴

経歴

  • 2020年4月 - 現在
    近畿大学 医学部 医学科 脳神経内科 医学部講師
  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学医学部 神経内科 助教

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 神経内科学
  • ライフサイエンス, 神経内科学

研究キーワード

パーキンソン病, ギラン・バレー症候群

論文

  1. DNA analysis of benign adult familial myoclonic epilepsy reveals associations between the pathogenic TTTCA repeat insertion in SAMD12 and the nonpathogenic TTTTA repeat expansion in TNRC6A.
    Akane Terasaki; Masayuki Nakamura; Yuka Urata; Hanae Hiwatashi; Izumi Yokoyama; Takeshi Yasuda; Teiichi Onuma; Kazumaru Wada; Sunao Kaneko; Rumiko Kan; Shin-Ichi Niwa; Ohiko Hashimoto; Osamu Komure; Yu-Ichi Goto; Yuko Yamagishi; Misa Nakano; Yoshihiko Furusawa; Akira Sano
    Journal of human genetics  66  (4)  419-429  2021年4月 
  2. Correction to: DNA analysis of benign adult familial myoclonic epilepsy reveals associations between the pathogenic TTTCA repeat insertion in SAMD12 and the nonpathogenic TTTTA repeat expansion in TNRC6A.
    Akane Terasaki; Masayuki Nakamura; Yuka Urata; Hanae Hiwatashi; Izumi Yokoyama; Takeshi Yasuda; Teiichi Onuma; Kazumaru Wada; Sunao Kaneko; Rumiko Kan; Shin-Ichi Niwa; Ohiko Hashimoto; Osamu Komure; Yu-Ichi Goto; Yuko Yamagishi; Misa Nakano; Yoshihiko Furusawa; Akira Sano
    Journal of human genetics  66  (4)  449-450  2021年4月 
  3. Serum IgG anti-GD1a antibody and mEGOS predict outcome in Guillain-Barré syndrome.
    Yuko Yamagishi; Motoi Kuwahara; Hidekazu Suzuki; Masahiro Sonoo; Satoshi Kuwabara; Takanori Yokota; Kyoichi Nomura; Atsuro Chiba; Ryuji Kaji; Takashi Kanda; Ken-Ichi Kaida; Tatsuro Mutoh; Ryo Yamasaki; Hiroshi Takashima; Makoto Matsui; Kazutoshi Nishiyama; Gen Sobue; Susumu Kusunoki
    Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry  91  (12)  1339-1342  2020年12月 
MORE