教員紹介

露口 尚弘
  • 露口 尚弘
  • 准教授
所属 近畿大学病院
医学研究科
学位 博士(医学)
専門 脳神経機能外科
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 1.神経機能を温存した脳外科手術。(fMRIなどの最新診断技術のもと覚醒状態で術中に会話を行いながら脳腫瘍やてんかんの手術を行う。)
2.侵襲を最低限に抑えた内視鏡による脳外科手術。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2015/02/17
 産経新聞
 認知症について。。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/ntsuyuguchi

学歴/経歴

学歴

  • 2010年4月 - 2119年3月
    熊本大学 大学院自然科学研究科
  • 1992年4月 - 1996年3月
    大阪市立大学 大学院医学研究科
  • 1984年4月 - 1990年3月
    大阪市立大学 医学部
  • 1979年4月 - 1984年3月
    大阪大学 理学部

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 病態神経科学
  • ライフサイエンス, 生体医工学
  • ライフサイエンス, 脳神経外科学
  • ライフサイエンス, 放射線科学

研究キーワード

脳神経外科, 神経生理学, neurooncology, Nuclear Medicine, Skull Base Surgery

論文

  1. Molecular characteristics and clinical outcomes of elderly patients with IDH-wildtype glioblastomas: comparative study of older and younger cases in Kansai Network cohort.
    Junya Fukai; Hideyuki Arita; Toru Umehara; Ema Yoshioka; Tomoko Shofuda; Daisuke Kanematsu; Yoshinori Kodama; Masayuki Mano; Manabu Kinoshita; Yoshiko Okita; Masahiro Nonaka; Takehiro Uda; Naohiro Tsuyuguchi; Daisuke Sakamoto; Yuji Uematsu; Naoyuki Nakao; Kanji Mori; Yonehiro Kanemura
    Brain tumor pathology  37  (2)  50-59  2020年4月  [査読有り]
  2. [A Case of Primary Central Nervous System Lymphomatoid Granulomatosis that was Completely Ameliorated by Corticosteroid Treatment].
    Takayuki Nakao; Shuichi Izumoto; Naohiro Tsuyuguchi; Amami Kato; Hideaki Yokoo; Eisuke Enoki
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo  72  (2)  159-165  2020年2月  [査読有り]
  3. Prediction of IDH and TERT promoter mutations in low-grade glioma from magnetic resonance images using a convolutional neural network.
    Ryohei Fukuma; Takufumi Yanagisawa; Manabu Kinoshita; Takashi Shinozaki; Hideyuki Arita; Atsushi Kawaguchi; Masamichi Takahashi; Yoshitaka Narita; Yuzo Terakawa; Naohiro Tsuyuguchi; Yoshiko Okita; Masahiro Nonaka; Shusuke Moriuchi; Masatoshi Takagaki; Yasunori Fujimoto; Junya Fukai; Shuichi Izumoto; Kenichi Ishibashi; Yoshikazu Nakajima; Tomoko Shofuda; Daisuke Kanematsu; Ema Yoshioka; Yoshinori Kodama; Masayuki Mano; Kanji Mori; Koichi Ichimura; Yonehiro Kanemura; Haruhiko Kishima
    Scientific reports  9  (1)  20311-20311  2019年12月30日  [査読有り]
MORE