教員紹介

光冨 徹哉
  • 光冨 徹哉
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 呼吸器外科学  肺癌の診断治療臨床分子生物学
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント 肺癌の診断と治療、特に外科治療および分子標的治療を専門としています。肺癌の遺伝子変異に基づく個別化医療を実践することで最小の負担で最大の治療効果をあげることを目標にしています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2016/4/28
 産経新聞
 高額薬の費用対効果について
●2014/11/22
 BS朝日「最新医療~肺がんを考える~」
 肺がんの個別化治療について
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/mitsudomi

学歴/経歴

経歴

  • 2012年5月 - 現在
    近畿大学 医学部外科学 教授
  • 1995年10月 - 2012年4月
    愛知県がんセンター 病院呼吸器外科部/研究所分子腫瘍学部 部長/研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 呼吸器外科学
  • ライフサイエンス, 心臓血管外科学
  • その他, その他
  • ライフサイエンス, 人体病理学
  • ライフサイエンス, 外科学一般、小児外科学

研究キーワード

肺癌, 腺癌, p53, 予後因子, 分子標的治療, 獲得耐性, EGFR, TTF-1, 遺伝子変異, 個別化医療, p53遺伝子, K-ras, 腫瘍抑制遺伝子, 癌遺伝子, 遺伝子増幅, 上皮成長因子受容体(EGFR), microsatellite polymorphism, LOH, EGFR変異肺癌, HER2

論文

  1. Comparison of pulmonary segmentectomy and lobectomy: Safety results of a randomized trial.
    Suzuki K, Saji H, Aokage K, Watanabe SI, Okada M, Mizusawa J, Nakajima R, Tsuboi M, Nakamura S, Nakamura K, Mitsudomi T, Asamura H, West Japan, Oncology Group, Japan Clinical, Oncology Group
    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery  158  (3)  895-907  2019年9月  [査読有り]
  2. A comparative study of curated contents by knowledge-based curation system in cancer clinical sequencing.
    Sakai K, Takeda M, Shimizu S, Takahama T, Yoshida T, Watanabe S, Iwasa T, Yonesaka K, Suzuki S, Hayashi H, Kawakami H, Nonagase Y, Tanaka K, Tsurutani J, Saigoh K, Ito A, Mitsudomi T, Nakagawa K, Nishio K
    Scientific reports  9  (1)  11340  2019年8月  [査読有り]
  3. Osimertinib for Japanese patients with T790M-positive advanced non-small-cell lung cancer: A pooled subgroup analysis.
    Hirashima T, Satouchi M, Hida T, Nishio M, Kato T, Sakai H, Imamura F, Kiura K, Okamoto I, Kasahara K, Uchida H, Vowler SL, Mitsudomi T
    Cancer science  2019年7月  [査読有り]
MORE