教員紹介

高村 史記
  • 高村 史記
  • 講師
所属 医学科
学位 医学博士
専門 免疫学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 抗原特異的な免疫応答、免疫記憶が成立する機構、感染防御における粘膜免疫の重要性、呼吸器粘膜における免疫応答、インフルエンザワクチン開発
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2019/9/27、10/2
 日刊工業新聞・化学工業日報、日経産業新聞
 インフルエンザウイルス感染防御を担う「滞在型メモリーCD8T細胞」が、肺気道上皮において持続的に供給されていることを発見し、その仕組みを解明したことについて
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/shikitakamura

学歴/経歴

学歴

  • 1999年4月 - 2004年6月
    三重大学 大学院医学系研究科
  • 1993年4月 - 1999年3月
    酪農学園大学 酪農学部

経歴

  • 2014年4月 - 現在
    近畿大学 医学部 講師
  • 2008年8月 - 2014年3月
    近畿大学 医学部 助教
  • 2006年4月 - 2008年7月
    Trudeau Institute David Woodland Lab ポストドクトラルフェロー
  • 2004年7月 - 2006年3月
    エイズ予防財団 リサーチレジデント

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 免疫学

研究キーワード

免疫記憶, 感染防御, CD8T細胞, ワクチン

論文

  1. Environmental cues regulate epigenetic reprograming of airway-resident memory CD8 T cells.
    Hayward SL; Scharer CD; Cartwright EK; Takamura S; Tiger li ZR; Boss JM; Kohlmeier JK
    Nature Immunology  Mar;21  (3)  309-320  2020年4月  [査読有り]
  2. U3-1402 sensitizes HER3-expressing tumors to PD-1 blockade by immune activation.
    Koji Haratani; Kimio Yonesaka; Shiki Takamura; Osamu Maenishi; Ryoji Kato; Naoki Takegawa; Hisato Kawakami; Kaoru Tanaka; Hidetoshi Hayashi; Masayuki Takeda; Naoyuki Maeda; Takashi Kagari; Kenji Hirotani; Junji Tsurutani; Kazuto Nishio; Katsumi Doi; Masaaki Miyazawa; Kazuhiko Nakagawa
    The Journal of clinical investigation  130  (1)  374-388  2020年1月2日  [査読有り]
  3. Pulmonary monocytes interact with effector T cells in the lung tissue to drive TRM differentiation following viral infection.
    Dunbar PR; Cartwright EK; Wein AN; Tsukamoto T; Tiger Li ZR; Kumar N; ddbäck IE; Hayward SL; Ueha S; Takamura S; Kohlmeier JE
    Mucosal Immunology  Jan;13  (1)  161-171  2020年1月  [査読有り]
MORE