教員紹介

諸富 公昭
  • 諸富 公昭
  • 准教授
所属 医学科
医学研究科
学位 博士(医学)
専門 頭蓋顎顔面外科
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 頭蓋、顔面の手術が専門です。先天的(生まれつき)、又は後天的に生じた形態異常(腫瘍やけが)を外科手技により治療しています。特に顔面の骨格改善の手術に力を入れております。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/morotada6974

学歴/経歴

学歴

  • 2000年4月 - 2004年3月
    近畿大学大学院医学研究科外科系専攻
  • 1992年4月 - 1998年3月
    近畿大学医学部

経歴

  • 2016年4月 - 現在
    近畿大学医学部形成外科 准教授
  • 2012年4月 - 2016年3月
    近畿大学医学部付属病院形成外科 講師
  • 2010年4月 - 2012年3月
    近畿大学医学部付属病院形成外科 医学部講師
  • 2004年4月 - 2010年3月
    近畿大学医学部奈良病院形成外科 診療助手
  • 2008年4月 - 2009年3月
    医療法人いずみ会阪堺病院 形成外科
  • 2004年4月 - 2007年2月
    近畿大学医学部奈良病院形成美容外科 診療助手
  • 2000年4月 - 2004年3月
    近畿大学医学部付属病院形成外科 医員兼務
  • 1998年4月 - 2000年3月
    近畿大学医学部付属病院形成外科 研修医

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 外科学一般、小児外科学
  • Life sciences, Plastic and reconstructive surgery

研究キーワード

有限要素法, 人工骨, 美容外科, 顔面骨骨折, 先天異常, 顎変形症, シミュレーション, 頭蓋顎顔面外科, 形成外科

論文

  1. Bone-cartilage proportion in deformed ribs of male pectus excavatum patients.
    Nagasao T, Aizezi N, Noguchi M, Morotomi T, Kudo H, Kogure T
    Journal of plastic surgery and hand surgery  53  (3)  143-148  2019年6月  [査読有り]
  2. Influence of Periosteum Location on the Bone and Cartilage in Tissue-Engineered Phalanx.
    Iuchi T, Kusuhara H, Ueda Y, Morotomi T, Isogai N
    The Journal of hand surgery  2019年3月  [査読有り]
  3. Biomechanical analysis of likelihood of optic canal damage in peri-orbital fracture.
    Nagasao T, Morotomi T, Kuriyama M, Tamai M, Sakamoto Y, Takano N
    Computer assisted surgery (Abingdon, England)  23  (1)  1-7  2018年12月  [査読有り]
MORE