教員紹介

楠 進
  • 楠 進
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 脳神経内科・神経免疫・ギラン・バレー症候群
ジャンル 医療・健康/医学
コメント ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群、ビッカースタッフ脳幹脳炎、CIDP、多発性硬化症、NMO等の原因、症状、治療法について。日本神経免疫学会と日本抹消神経学会の理事長を務めています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2019/8/21
 読売新聞
 中枢神経について
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0110817

学歴/経歴

学歴

  • - 1978年
    東京大学 医学部

経歴

  • 2003年 - 現在
    近畿大学医学部 主任教授
  • 2012年10月 - 2014年9月
    近畿大学 医学部 学部長
  • 1999年 - 2003年
    東京大学医学部 講師
  • 1987年 - 1999年
    東京大学医学部 助手

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 神経内科学

研究キーワード

末梢神経障害, ガングリオシド, 糖脂質, 糖鎖生物学, 神経免疫学, glycosyl transferase, ganglioside, glycolipid, autoimmune neuropathy, Guillain-Barré syndrome

論文

  1. Unique HLA haplotype associations in IgG4 anti-neurofascin 155 antibody-positive chronic inflammatory dmyelinating polyneuropathy.
    Ogata H, Isobe N, Zhang X, Yamasaki R, Fujii T, Machida A, Morimoto N, Kaida K, Masuda T, Ando Y, Kuwahara M, Kusunoki S, Nakamura Y, Matsushita T, Kira JI
    J Neuroimmunol  399  577139  2019年12月16日  [査読有り]
  2. Association of variability in antibody binding affinity with a clinical course of anti-MAG neuropathy.
    Matsui T, Hamada Y, Kuwahara M, Morise J, Oka S, kaida K, Kusunoki S.
    J Neuroimmunol  339  577127  2019年12月10日  [査読有り]
  3. Diagnosis and management of Guillain-Barré syndrome in ten steps.
    Leonhard SE, Mandarakas MR, Gondim FAA, Bateman K, Ferreira MLB, Cornblath DR, van Doorn PA, Dourado ME, Hughes RAC, Islam B, Kusunoki S, Pardo CA, Reisin R, Sejvar JJ, Shahrizaila N, Soares C, Umapathi T, Wang Y, Yiu EM, Willison HJ, Jacobs BC
    Nat Rev Neurol  15  (11)  671-683  2019年11月  [査読有り]
MORE