教員紹介

no image
  • 奥山 幸子
  • 講師
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 緑内障   
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 緑内障は視機能を障害する代表的疾患で、患者さんごとに障害の程度や進行の速さが異なります。視野や眼底の変化を的確に検出することは緑内障管理の基本であり、私達の研究テーマです。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/ganka_OS

学歴/経歴

経歴

  • 1997年 - 2017年
    近畿大学 医学部 講師

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 眼科学

研究キーワード

イソプタ, 動的視野, アルゴリズム, Octopus101, 自動視野計, ゴールドマン視野計, Goldmann視野計, OCTOPUS1-2-3, 変視症, pupil perimetry, 早期診断, 緑内障, CFF, 視野計, フリッカー視野, 瞳孔視野

論文

  1. Utility of CLOCK CHART binocular edition for self-checking the binocular visual field in patients with glaucoma
    Ishibashi M, Matsumoto C, Hashimoto S, Eura M, Okuyama S, Nomoto H, Tanabe F, Kayazawa T, Numata T, Kusaka S
    British journal of ophthalmology  2019年1月  [査読有り]
  2. Distribution and Progression of Visual Field Defects With Binocular Vision in Glaucoma.
    Hashimoto S, Matsumoto C, Eura M, Okuyama S, Nomoto H, Tanabe F, Kayazawa T, Iwase A, Shimomura Y
    Journal of glaucoma  27  (6)  519-524  2018年6月  [査読有り]
  3. Test Conditions in Macular Visual Field Testing in Glaucoma.
    Eura M, Matsumoto C, Hashimoto S, Okuyama S, Takada S, Nomoto H, Tanabe F, Shimomura Y
    Journal of glaucoma  26  (12)  1101-1106  2017年12月  [査読有り]
MORE