教員紹介

村尾 佳則
  • 村尾 佳則
  • 教授
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 救急外科、外傷、熱傷、救急集中治療
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 一般外科10年のあと救命救急センターでの勤務を23年間続けています。救急一般に対応可能ですが、外傷外科、救急集中治療、出血性ショックなど重症救急疾患に関連することが得意分野です。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2018/9/11
 毎日放送「ちちんぷいぷい」
 阪神電車の座席に薬剤が塗られ、座った男性が化学熱傷になったことについて
●2015/05/01
 日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」
 地震発生後のカトマンズでの生存者について。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/ym4167ao

学歴/経歴

経歴

  • 2013年6月 - 現在
    近畿大学 医学部救急医学教室 教授
  • 2010年4月 - 2013年5月
    近畿大学 医学部救急医学教室 准教授
  • 2005年4月 - 2010年3月
    関西医科大学 医学部 准教授

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 麻酔科学
  • ライフサイエンス, 救急医学

研究キーワード

出血性ショック, アポトーシス, 高張食塩液, TUNEL法, DNA ladder, Caspase-3, HSP 70, HSP 40, 血性ショック, JNK, 脾臓, 胸腺, FAS, マウス, 免疫賦活作用, CD4+CD25+制御性T細胞, CD4+CD25+制性T細胞, DNAladden, 総合失調症, 統合失調症

論文

  1. Planned Versus On-Demand Relaparotomy Strategy in Initial Surgery for Non-occlusive Mesenteric Ischemia
    Endo A, Saida F, Mochida Y, Kim S, Otomo Y, Nemoto D, Matsubara H, Yamagishi S, Murao Y, Mashiko K, Hirano S, Yoshikawa K, Seara T, Inaba M, Koami H, Kobayashi M, Murata K, Shoko T, Takiguchi N
    Journal of Gastrointestinal Surgery  (9)  1-10  2020年9月15日  [査読有り]
  2. Can the global end-diastolic volume index guide fluid management in septic patients? A multicenter randomized controlled trial.
    Morisawa K; Fujitani S; Homma Y; Shigemitsu K; Saito N; Hayakawa K; Yasuda H; Hifumi T; Rinka H; Mayumi T; Fujiwara S; Murao Y; Taira Y
    Acute Medicine & Surgery  7  e468  2019年  [査読有り]
  3. Protective effect and mechanism of IL-10 on renal ischemia-reperfusion injury.
    Sakai K; Nozaki Y; Murao Y; Yano T; Ri J; Niki K; Kinoshita K; Funauchi M; Matsumura I
    Lab Invest  99  671-683  2019年  [査読有り]
MORE