教員紹介

光冨 徹哉
  • 光冨 徹哉
  • 特任教授
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 呼吸器外科学、肺癌の診断治療臨床分子生物学
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント 肺癌の診断と治療、特に外科治療および分子標的治療を専門としています。肺癌の遺伝子変異に基づく個別化医療を実践することで、最小の負担で最大の治療効果をあげることを目標にしています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2023/2/4
 読売新聞(関東版)
 がん治療について
●2016/4/28
 産経新聞
 高額薬の費用対効果について
●2014/11/22
 BS朝日「最新医療~肺がんを考える~」
 肺がんの個別化治療について
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/mitsudomi

学歴/経歴

経歴

  • 2022年4月 - 現在
    近畿大学病院 Global Research Alliance Center センター長、特任教授
  • 2012年5月 - 2022年3月
    近畿大学 医学部外科学 教授
  • 1995年10月 - 2012年4月
    愛知県がんセンター 病院呼吸器外科部/研究所分子腫瘍学部 部長/研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 血液、腫瘍内科学
  • ライフサイエンス, 呼吸器外科学
  • ライフサイエンス, 人体病理学
  • ライフサイエンス, 外科学一般、小児外科学

研究キーワード

肺癌, 腺癌, p53, 予後因子, 分子標的治療, 獲得耐性, EGFR, TTF-1, 遺伝子変異, 個別化医療, p53遺伝子, K-ras, 腫瘍抑制遺伝子, 癌遺伝子, 遺伝子増幅, 上皮成長因子受容体(EGFR), microsatellite polymorphism, LOH, EGFR変異肺癌, HER2

論文

  1. NOTCH1 and CREBBP co-mutations negatively affect the benefit of adjuvant therapy in completely resected EGFR-mutated NSCLC: translational research of phase III IMPACT study.
    Satoshi Ikeda; Masahiro Tsuboi; Kazuko Sakai; Toshihiro Misumi; Hiroaki Akamatsu; Hiroyasu Shoda; Noriaki Sakakura; Atsushi Nakamura; Yasuhisa Ohde; Hidetoshi Hayashi; Kyoichi Okishio; Morihito Okada; Ichiro Yoshino; Jiro Okami; Kazuhisa Takahashi; Norihiko Ikeda; Masayuki Tanahashi; Yuichi Tambo; Haruhiro Saito; Shinichi Toyooka; Hidetoshi Inokawa; Toyofumi Chen-Yoshikawa; Toshihide Yokoyama; Tatsuro Okamoto; Noriko Yanagitani; Masahide Oki; Makoto Takahama; Kenji Sawa; Hirohito Tada; Kazuhiko Nakagawa; Tetsuya Mitsudomi; Kazuto Nishio
    Molecular oncology  2023年10月21日 
  2. Secondary mutations of the EGFR gene that confer resistance to mobocertinib in EGFR exon 20 insertion.
    Akira Hamada; Kenichi Suda; Masaya Nishino; Keiko Obata; Hana Oiki; Tomoyo Fukami; Shota Fukuda; Toshio Fujino; Shuta Ohara; Takamasa Koga; Masato Chiba; Masaki Shimoji; Masaoki Ito; Toshiki Takemoto; Junichi Soh; Yasuhiro Tsutani; Tetsuya Mitsudomi
    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer  2023年9月2日 
  3. Five-Year Overall Survival Analysis of the JIPANG Study: Pemetrexed or Vinorelbine Plus Cisplatin for Resected Stage II-IIIA Nonsquamous Non-Small-Cell Lung Cancer.
    Hirotsugu Kenmotsu; Nobuyuki Yamamoto; Toshihiro Misumi; Kiyotaka Yoh; Haruhiro Saito; Shunichi Sugawara; Koji Yamazaki; Kazuhiko Nakagawa; Kenji Sugio; Takashi Seto; Shinichi Toyooka; Hiroshi Date; Tetsuya Mitsudomi; Isamu Okamoto; Kohei Yokoi; Hideo Saka; Hiroaki Okamoto; Yuichi Takiguchi; Toshiaki Takahashi; Masahiro Tsuboi
    Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology  JCO2300179  2023年9月1日 
MORE