教員紹介

光冨 徹哉
  • 光冨 徹哉
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 呼吸器外科学  肺癌の診断治療臨床分子生物学
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント 肺癌の診断と治療、特に外科治療および分子標的治療を専門としています。肺癌の遺伝子変異に基づく個別化医療を実践することで最小の負担で最大の治療効果をあげることを目標にしています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2016/4/28
 産経新聞
 高額薬の費用対効果について
●2014/11/22
 BS朝日「最新医療~肺がんを考える~」
 肺がんの個別化治療について
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/mitsudomi

学歴/経歴

経歴

  • 2012年5月 - 現在
    近畿大学 医学部外科学 教授
  • 1995年10月 - 2012年4月
    愛知県がんセンター 病院呼吸器外科部/研究所分子腫瘍学部 部長/研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 血液、腫瘍内科学
  • ライフサイエンス, 呼吸器外科学
  • ライフサイエンス, 人体病理学
  • ライフサイエンス, 外科学一般、小児外科学

研究キーワード

肺癌, 腺癌, p53, 予後因子, 分子標的治療, 獲得耐性, EGFR, TTF-1, 遺伝子変異, 個別化医療, p53遺伝子, K-ras, 腫瘍抑制遺伝子, 癌遺伝子, 遺伝子増幅, 上皮成長因子受容体(EGFR), microsatellite polymorphism, LOH, EGFR変異肺癌, HER2

論文

  1. Integrin-linked kinase pathway in heterogeneous pulmonary sarcomatoid carcinoma.
    Shigeki Shimizu; Kazuko Sakai; Takaaki Chikugo; Takao Satou; Naoki Shiraishi; Tetsuya Mitsudomi; Kazuto Nishio
    Oncology letters  21  (4)  320-320  2021年4月 
  2. Activity of tarloxotinib-E in cells with EGFR exon-20 insertion mutations and mechanisms of acquired resistance.
    Masaya Nishino; Kenichi Suda; Takamasa Koga; Shuta Ohara; Toshio Fujino; Junichi Soh; Vijaya Tirunagaru; Avanish Vellanki; Robert C Doebele; Tetsuya Mitsudomi
    Thoracic cancer  2021年3月12日 
  3. Salvage surgery for non-small cell lung cancer after tyrosine kinase inhibitor treatment.
    Yoichi Ohtaki; Kimihiro Shimizu; Hiroyuki Suzuki; Kenji Suzuki; Masahiro Tsuboi; Tetsuya Mitsudomi; Motoshi Takao; Tomohiro Murakawa; Hiroyuki Ito; Kenichi Yoshimura; Morihito Okada; Masayuki Chida
    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)  153  108-116  2021年3月 
MORE