教員紹介

岡田 清孝
  • 岡田 清孝
  • 准教授
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 生理学、止血学、再生医学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 組織修復再生過程における線溶系因子を中心として蛋白分解調節機構の解析とその応用。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/oka30kiyo

学歴/経歴

学歴

  • 1995年 - 1996年
    Katholieke University of Leuven, Belgium.
  • - 1978年3月
    北里大学 衛生学部

経歴

  • 2015年4月 - 現在
    近畿大学 医学部 准教授
  • 2004年4月 - 2015年3月
    近畿大学 医学部 講師

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 病態医化学
  • ライフサイエンス, 医化学
  • ライフサイエンス, 医療薬学
  • ライフサイエンス, 生理学

研究キーワード

線溶系, プラスミノーゲン, 遺伝子欠損マウス, 蛋白分解活性, α_2-アンチプラスミン, ペプチド, 組織再生, プラスミノーゲンアクチベータ, マウス, α2-アンチプラスミン, 線維芽細胞, 血液レオロジー, 塩基性線維芽細胞増殖因子, 創傷治癒, プラスミノーゲンアクチベ, 血栓溶解, 骨髄細胞移植, 細胞外基質, スタフィロキナーゼ, 蛋白分解カスケード

論文

  1. Plasminogen activator inhibitor-1 deficiency suppresses osteoblastic differentiation of mesenchymal stem cells in mice.
    Takafuji Y, Tatsumi K, Ishida M, Kawao N, Okada K, Matsuo O, Kaji H
    Journal of cellular physiology  234  (6)  9687-9697  2019年3月  [査読有り]
  2. Serpina3n, dominantly expressed in female osteoblasts, suppresses the phenotypes of differentiated osteoblasts in mice.
    Ishida M, Kawao N, Okada K, Tatsumi K, Sakai K, Nishio K, Kaji H
    Endocrinology  2018年10月  [査読有り]
  3. Plasminogen-Dependent Collagenolytic Properties of Staphylococcus aureus in Collagen Gel Cultures of Human Corneal Fibroblasts.
    Sugioka K, Kodama-Takahshi A, Sato T, Okada K, Murakami J, Park AM, Mishima H, Shimomura Y, Kusaka S, Nishida T
    Investigative ophthalmology & visual science  59  (12)  5098-5107  2018年10月  [査読有り]
MORE