教員紹介

no image
  • 丹羽 淳子
  • 講師
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 薬理学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 血管障害(脳血管障害)動物モデルで発症予防と延命・再生メカニズムについて、薬物療法の有効性を究しています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0033891

学歴/経歴

学歴

  • - 1977年
    お茶の水女子大学 理学部
  • - 1977年
    お茶の水女子大学

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 免疫学
  • ライフサイエンス, 寄生虫学
  • ライフサイエンス, 薬理学

研究キーワード

再生, 恒常性, 微小環境, 神経新生, 寄生虫免疫学, Pharmacology, Circulation, Immunoparasitology

論文

  1. Effects of scavenger receptors-1 class A stimulation on macrophage morphology and highly modified advanced glycation end product-protein phagocytosis.
    Hamasaki S, Kobori T, Yamazaki Y, Kitaura A, Niwa A, Nishinaka T, Nishibori M, Mori S, Nakao S, Takahashi H
    Scientific reports  8  (1)  5901  2018年4月  [査読有り]
  2. Interleukin-18 Amplifies Macrophage Polarization and Morphological Alteration, Leading to Excessive Angiogenesis.
    Kobori T, Hamasaki S, Kitaura A, Yamazaki Y, Nishinaka T, Niwa A, Nakao S, Wake H, Mori S, Yoshino T, Nishibori M, Takahashi H
    Frontiers in immunology  9  334  2018年3月  [査読有り]
  3. Voluntary exercise induces neurogenesis in the hypothalamus and ependymal lining of the third ventricle.
    Niwa A, Nishibori M, Hamasaki S, Kobori T, Liu K, Wake H, Mori S, Yoshino T, Takahashi H
    Brain structure & function  221  (3)  1653-1666  2016年4月  [査読有り]
MORE