教員紹介

専任教員

奥田 香子

奥田 香子
OKUDA Kaoko

学歴学位
大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学
法学修士
主な経歴
京都府立大学女子短期大学専任講師('92.4)
京都府立大学福祉社会学部助教授('97.4)
京都府立大学公共政策学部准教授('08.4)
近畿大学大学院法務研究科教授('10.4~現在に至る)
学会・社会等の活動
日本労働法学会理事
国際労働法社会保障法学会
滋賀県労働委員会公益委員
主な著書・論文
「労働契約における合意」(日本労働法学会編『労働契約の理論〔講座・労働法の再生・第2巻〕』日本評論社・2017)
「フランスにおける合意解約制度の展開――破毀院判例にみる解釈論的課題」(『近畿大学法科大学院論集』第13号・2017)
メッセージ
法律と社会の関係、雇用をめぐる法的問題の背景にあるものを常に意識しながら、法ルールを正確に理解し、その意義や問題点を自分なりに考え、公正であることを追求できる法曹になっていただきたいと思っています。