教員紹介

兼任教員

大塚 浩 OTSUKA Hiroshi
奈良女子大学生活環境学部准教授

学歴学位
神戸大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学
法学修士
主な経歴
奈良女子大学生活環境学部講師('99.10)
奈良女子大学生活環境学部助教授('05.12)
奈良女子大学生活環境学部准教授('07.4~現在に至る)
学会・社会等の活動
大和郡山市個人情報保護運営審議会副会長
日本法社会学会学術大会運営委員会委員
主な著書・論文
「コーズ・ローヤリングにおける弁護士-依頼者関係の実態と弁護士倫理」(『法社会学』第70号・2009)
『現代日本の法過程 〔宮澤節生先生古稀記念〕上・下』(共編著・信山社・2017)
メッセージ
法社会学は、実定法学とは全く異なった視角から法現象を分析する。経験的手法による法社会学研究が、日本の法過程にいかなる分析を加えてきたのか、またその法システムにとっての含意は何かを理解することをめざす。