教員紹介

非常勤教員

稲元 格 INAMOTO Itaru

学歴学位
大阪大学大学院法学研究科後期課程退学
博士(法学)
主な経歴
近畿大学法学部講師('81.4)
近畿大学法学部助教授('87.4)
近畿大学法学部教授('94.4~'17.3)
学会・社会等の活動
法制史学会
法社会学会
比較法学会
主な著書・論文
「Warum wirken Japaner als beteiligte Parteien vor Gericht während der Edo-Zeit(1603-1867) zurückhaltend ?」(『近畿大学法学』第63巻第2号・2015)
「ハンブルク市の市民協定(1410年)」(『近畿大学法学』第64巻第1号・2016)
メッセージ
人が法を造るのであって、法が人を造るのではありません。人や社会が多様であるように、法の姿も多様です。法を学ぶことは、人や社会を知ることです。