教員紹介

兼担教員

ショーン・ハイゼンガ Shawn Huizenga
近畿大学法学部教授

学歴学位
Emory University School of law
Juris Doctor
主な経歴
米国ジョージア州司法試験合格('98)
近畿大学法学部特任講師('03.4)
近畿大学法学部講師('05.4)
近畿大学法学部助教授('06.4)
近畿大学法学部准教授('07.4)
近畿大学法学部教授('15.4~現在に至る)
学会・社会等の活動
ジョージア州弁護士として、アトランタを中心に、分野を問わず広範囲な事件(訴訟)を担当('98~)
大学時代には日本に留学した経験あり。
主な著書・論文
「A New Approach to Juvenile Justice in the United States」(『近畿大学法学』第62巻第2号1-28頁・2014)
「Juvenile Sentencing After Roper v. Simmons」(『近畿大学法学』第63巻第1号1-43頁・2015)
メッセージ
ロ-スク-ルで法的な素養のみでなく、人間的にも大きく成長して、将来国際社会で大きくはばたく弁護士になることを期待しています。ロ-スク-ルで、ともに貴重な経験をしましょう。