教員紹介

森 節子

森 節子
教授/センター長
所属 法学部 教養・基礎教育部門
法学研究科
語学教育センター
学位 教育学博士
専門 英語教育学、応用言語学
ジャンル 社会/教育・学校・語学
コメント モチベーションと学習行動の関係、特に学生が英語学習の成功・失敗体験の原因を何に求めるのか、またその原因帰属傾向が学習行動にどのような影響を与えるのかについて研究しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0069066

研究中のテーマ

英語学習におけるモチベーションと学習行動の関係

最近の研究業績

在外研究等

Visiting colleague, Department of Second Language Studies, University of Hawaii at Manoa : 2013-2014
ハワイマノア便り 第2弾 2014/10/28(PDF)
ハワイマノア便り 第1弾 2014/10/19(PDF)

学歴/経歴

学歴

  • - 1995年
    テンプル大学(Temple University) 教育学部英語教授法修士課(TESOL) TESOL
  • - 2002年
    テンプル大学(Temple University) テンプル大学大学院教育研究科英語教育学
  • - 1988年
    同志社大学 法学部 法律学科

経歴

  • 2013年4月 - 現在
    近畿大学法学部 教授
  • 2006年4月 - 2013年3月
    近畿大学法学部 准教授
  • 2004年4月 - 2006年3月
    近畿大学語学教育部 専任講師
  • 1997年4月 - 2000年3月
    京都橘女子大学非常勤講師
  • 1997年4月 - 2004年3月
    - 立命館大学非常勤講師
  • 2000年4月 - 2004年3月
    - 京都橘女子大学英語コミュニケーション学科常勤講師

所属学協会

  1. JALT

研究活動情報

研究分野

  • 教育学, 教育学

研究キーワード

英語教育

論文

  1. Behavioral and Attitudinal Differences between Overachievers and Underachievers on a Web-based Task
    森 節子
    e-Learning 教育研究  13  14-28  2019年3月  [査読有り]
  2. セメスター留学が言語能力と意識に与える影響ーパイロットスタディ
    森 節子
    近畿大学教養・外国語センター紀要(外国語編)  9  (2)  1-18  2018年11月  [査読有り]
  3. Influence of Perceived Teacher Personality on Student Evaluations of Teaching: An Examination of the Variables of Students' English Proficiency and Gender
    森 節子
    JACET Journal  61  131-148  2017年2月  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. Tailoring a vocabulary-based graded dictation test , 森 節子, ピーターゴーベル , The 23rd Thailand TESOL International Conference. , 2004年1月
  2. モーティベーションと読書量の関係 ー モーティベーションを高めるリーディングタスク , 森 節子 , 英語授業研究学会 関西支部 第137回例会 , 2004年7月
  3. Gender, motivation, and attendance among university students , 森 節子, ピーターゴーベル , 第27回 JALT 全国語学教育学会 , 2004年11月

MORE

MISC

  1. 授業評価アンケート調査から読み取れる学生の意識と授業の課題(2)―近畿大学法学部英語科目群の分析を通して , 森 節子, 田邉 義隆 , 近畿大学英語研究会紀要 , 7 , 17 , 36 , 2011年2月
  2. 教員が学生に与える性格的印象と授業評価の関連性―日本人講師と外国人講師の比較から , 田邉 義隆, 森 節子 , International Journal of English Linguistics , 3 , 3 , 53 , 65 , 2013年3月
    概要:本稿はFD活動の一環として行った授業評価研究の続編として執筆したものであり、担当教員の性格的要因が学生の授業評価に与える影響について調査した。また、学生は日本人教員担当の授業と外国人教員担当の授業を区別して評価しているか否かについても扱った。質問紙調査の形式で、被験者の学生には「授業は興味が持てる内容だった」など23項目と10点満点の総合評価(計24項目)で構成された授業評価と同時に、「自己主張せず、周囲の意見に合わせようとする」など、担当教員の印象を問う28項目の質問への回答も求めた。主成分分析の結果、授業評価は「授業への興味・関心」、「クラス運営」の2因子が、教員の印象については「外向性と達成思考」、「否定的な感情」、「柔和的な態度」、「規律正しさ」の4因子が検出された。重回帰分析の結果、「授業への興味・関心」と「クラス運営」が総合評価と正の相関を、「否定的な感情」が負の相関を示していることが分かった

競争的資金

  1. 英語でのリーディングモーティベーションに関する研究