新着情報

近畿大学経済学部 片岡ゼミの学生が福島県川俣町の集落復興支援事業に参加し、3日間の現地調査を行いました

2018.11.09

お知らせ

地域の課題を「経済地理学」的視点から分析している片岡ゼミでは、平成28年度に福井県おおい町主催の「学生街づくり政策コンテスト」で「メモリーガルテン~クラインガルテンをおおい町に」という政策提言を行い優秀賞を受賞しました。また、平成29年度からは、福島県の委託を受けて「平成29年度大学生の力を活用した集落復興支援事業」に取り組んでいます。
今年も、福島県の委託を受け「平成30年度大学生の力を活用した集落復興支援事業」として、11月3日(土)から5日(月)にかけて、ゼミの学生23人が3日間の第一回現地調査を行い、福島県川俣町の町長佐藤金正氏との会談やディスカッションをはじめ、現地の各施設における調査や、現地住民の方々へのインタビュー調査などを行いました。今後は、これらの調査で得られたデータの分析を通し、被災地の中山間地域における集落復興を支援する事業の企画を立案し、平成31年に福島県において開催される発表会での発表準備を行っていきます。

IMG_1533.JPG IMG_1536.JPG
IMG_1534.JPG IMG_1537.JPG